インド風水属性検索

インド風水からあなたの属性を調べ、ぴったりのパワースポットを探します

生年月日

奈良県 市町村

五條市 北葛城郡 吉野町 吉野郡 大和郡 大和郡山市 天理市 奈良市 宇陀市 山辺郡 御所市 桜井市 橿原市 生駒市 生駒郡 磯城郡 葛城市 高市 高市郡 

奈良県 パワースポット一覧

大神神社(おおみわじんじゃ)は奈良県桜井市にある神社である。大和国一宮で中世には二十二社の中七社のひとつとされた。三輪明神、三輪神社とも呼ばれる。 大物主大...
春日大社(かすがたいしゃ)は、奈良県奈良市の奈良公園内にある神社である。旧称春日神社。全国にある春日神社の総本社である。 藤原氏の守護神である武甕槌命と経津...
三輪山(みわやま)は、奈良県桜井市にある山。奈良県北部奈良盆地の南東部に位置し、標高467.1m、周囲16km。三諸山(みもろやま)ともいう。なだらかな円錐形の山であ...
天河大弁財天社(てんかわだいべんざいてんしゃ、天河神社)は、奈良県吉野郡天川村坪内にある神社である。日本最初の「辨財天社」といわれ、「五十鈴」という御神器で...
石上神宮(いそのかみじんぐう)は奈良県天理市にある神社。 別名に、石上振神宮、石上坐布都御魂神社、石上布都御魂神社、石上布都大神社、石上神社、石上社、布留社...
玉置神社(たまきじんじゃ)は、奈良県吉野郡にある神社。大峰山系の霊山の一つである玉置山の山頂直下の9合目に位置し、大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)の靡(行所...
東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺である。 金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、奈良時代(8世...
吉水神社(よしみずじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町 (奈良県)吉野町にある神社である。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。 元々は金剛峯...
橿原神宮(かしはらじんぐう)は、奈良県橿原市の畝傍山の麓、久米町に所在する神社である。 この地は、神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされる。橿原神宮創建の...
長谷寺(はせでら)は、奈良県桜井市にある真言宗豊山派(ぶざんは)総本山の寺。山号を豊山神楽院と称する。 本尊は十一面観音、開基(創立者)は道明上人とされる。 ...
金剛峯寺(こんごうぶじ)は、和歌山県伊都郡高野町高野山にある高野山真言宗総本山の寺院。 高野山は、和歌山県北部、周囲を1,000m級の山々に囲まれた標高約800mの平...
談山神社(たんざんじんじゃ)は、奈良県桜井市の多武峰(とうのみね)にある神社。祭神は、藤原鎌足(談山大明神・談山権現)。桜と紅葉の名所である。 神仏分離以前...
興福寺(こうふくじ)は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)にある、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院である。南都七大寺の一つに数えられる。 藤原氏...
室生龍穴神社(むろうりゅうけつじんじゃ)は奈良県宇陀市の古社。水の神、竜神を祀り、室生寺よりも古い歴史をもつ。 古木がそびえる境内から、さらに山の中を600mほ...
猿田彦神社(道祖神社)は奈良県奈良市今御門町にある神社。御祭神は猿田彦命、市杵島姫命。 平城天皇の時代に元興寺境内に創建されたと伝えられる。古来より、道祖神...
朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は、奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)の信貴山にある信貴山真言宗総本山の寺である。本尊は毘沙門天(多聞天とも称する)。「信貴山...
丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)は、奈良県吉野郡東吉野村にある神社。 古くは「雨師明神」と称され、江戸時代からは「蟻通明神」とも称された。大正以降、同郡...
法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の総本山である。別名を斑鳩寺(いかるがでら)という。 聖徳太子ゆかりの寺院であり、創建は推古天皇15年...
薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山である。南都七大寺のひとつに数えられる。 本尊は薬師如来、開基(...
狭井神社は、奈良県桜井市三輪の狭井川の畔にある大神神社の摂社。正式には「狭井坐大神荒魂神社(さいにいますおおみわあらみたまじんじゃ)」。 社伝によれば、創祀...
宝山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山の寺院。生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれる。「生駒の聖天さん」と地元の人に愛される。山号...
立里荒神(たてりこうじん)、別名・荒神社(こうじんじゃ)または立里荒神社(たてりこうじんじゃ)は、奈良県吉野郡野迫川村の荒神岳の頂上にある神社。高野山の奥社。 ...
室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。山号を宀一山(べんいちさん)と号する。開基(創立者)は、賢璟(けんきょう)、本尊は釈迦如...
唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の一つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。 ...
檜原神社(桧原神社、ひばらじんじゃ)は奈良県桜井市の神社。大神神社の摂社で天照大御神を祀る。 御神体は磐座と神籬で、本殿や拝殿はなく、三輪鳥居だけが立ってい...
龍泉寺(りゅうせんじ)は奈良県吉野郡天川村洞川(どろがわ)にある真言宗醍醐派の寺院で、同派の大本山である。山号は大峯山。吉野の竹林院、桜本坊、喜蔵院、東南院...
奈良公園(ならこうえん)は、奈良県奈良市の若草山麓に広がる都市公園。国の名勝。 公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、年間を通じて日本国内のみ...
大神神社(おおみわじんじゃ)は奈良県桜井市にある神社である。三輪明神、三輪神社とも呼ばれる。大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀る。日本神話に記される創...
平城宮(へいじょうきゅう、へいぜいきゅう)は奈良の古都平城京の大内裏。 1852年(嘉永5年)、奉行所の役人であった北浦定政が『平城宮大内裏跡坪割之図』を著し、平...
信貴山千手院(せんじゅいん)は、奈良県生駒郡平群町にある信貴山真言宗の大本山。朝護孫子寺の最古の塔頭であり、同時に最古の建造物(書院)を有する。 本尊は毘沙...
大峰山(おおみねさん)は奈良県の南部にある山。 現在では広義には大峰山脈を、狭義には山上ヶ岳(さんじょうがたけ)をさしていう。歴史的には、大峰山は大峰山脈の...
丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)は、奈良県吉野郡下市町にある神社。 社名は川上村の丹生川上神社上社に対するものである。
高鴨神社(たかかもじんじゃ)は、奈良県御所市の金剛山東山麓にある神社。 京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の...
南法華寺(みなみほっけじ)は、奈良県高市郡高取町にある真言宗の寺院。山号は壺阪山。一般には壺阪寺(つぼさかでら)の通称で知られる。703年(大宝3年)創建と伝え...
高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段...
飛鳥寺(あすかでら)は、奈良県高市郡明日香村にある寺院。蘇我氏の氏寺で、日本最古の本格的私寺でもある法興寺の後身。現在の正式寺名は安居院(あんごいん)。現在...
安倍文殊院(あべもんじゅいん)は奈良県桜井市にある華厳宗の寺院である。山号は安倍山。本尊は文殊菩薩。開基は大化の改新の時に左大臣として登用された安倍倉梯麻呂...
桃尾の滝(もものおのたき)は奈良県天理市滝本町にある滝。 布留川の上流に位置しており、古今和歌集において後嵯峨天皇や僧正遍照が「布留の滝」と詠んだ滝と言われ...
橘寺(たちばなでら)は、奈良県高市郡明日香村にある天台宗の寺院。正式には「仏頭山上宮皇院菩提寺」と称し、本尊は聖徳太子・如意輪観音。 橘寺という名は、垂仁天...
龍田大社(たつたたいしゃ)は、奈良県生駒郡三郷町にある神社である。風の神(風神)として古くから信仰を集める。 御祭神は天御柱命(あめのみはしらのみこと)・国...
吉野神宮(よしのじんぐう)は、奈良県吉野郡吉野町に鎮座する後醍醐天皇を祭神とする神社。 旧社名は吉野宮。
元興寺(がんごうじ)は、奈良市にある、南都七大寺の1つに数えられる寺院。蘇我馬子が飛鳥に建立した、日本最古の本格的仏教寺院である法興寺がその前身である。法興寺...
箸墓古墳(はしはかこふん、箸中山古墳とも)は奈良県桜井市纒向遺跡の箸中に所在する箸中古墳群の盟主的古墳であり、出現期古墳の中でも最古級と考えられており3世紀半...
吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称、または金峯山...
石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。1952年(昭和27年)3月29日、国特別史跡に指定される。元は土を盛りあげて作った墳丘で覆...
與喜天満神社(よきてんまんじんじゃ)は、奈良県桜井市の神社。御祭神は菅原道眞。与喜山(天神山)の南西中腹に境内がある。 天慶九年(946)天満天神の化身神殿...
葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)は奈良県御所市にある神社。大和葛城山の東南麓にあり、東向きに鎮座する。 祭神の一言主神は「悪事(まがごと)も一...
久延彦神社は、奈良県桜井市三輪の神社。 御祭神の久延毘古命は、「かかし」のこと。『古事記』によると、少名毘古那神がはじめて出現した時、誰も知らなかった少名毘...
玉置山(たまきさん)は、奈良県吉野郡十津川村にある山。大峰山系の最南端で標高1076.4メートル、主に石英斑岩で形成される。 海のない奈良県にありながら山頂からは...
大安寺(だいあんじ)は、奈良県奈良市にある高野山真言宗の仏教寺院。本尊は十一面観音。開基(創立者)は聖徳太子と伝える。 南都七大寺の1つに数えられ、奈良時代に...
磐座神社(いわくらじんじゃ)は、奈良県桜井市の神社。 三輪山周辺の神社の一つで、少彦名命(すくなひこなのかみ)が祀らている。
當麻寺(当麻寺、たいまでら)は、奈良県葛城市にある飛鳥時代創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。創建時の本尊は弥勒仏(金堂)であるが、現在信仰の中...
吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)は、奈良県吉野郡吉野町子守地区(吉野山上千本)にある神社。 葛城水分神社・都祁水分神社・宇太水分神社とともに大和国四所...
飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ、あすかにますじんじゃ)は、奈良県高市郡明日香村にある神社である。 2月第1日曜日(元は旧暦1月11日)のお田植神事「お田植祭(...
巻向山(まきむくやま)は奈良県桜井市の山。 大神神社の御神体である三輪山に隣接する。標高567m。 二峰からなり、万葉集に詠まれる弓月ヶ嶽(ゆつきがたけ)はこの...
高天彦神社(たかまひこじんじゃ)は、奈良県と大阪府の県境にある金剛山の東麓、奈良県御所市高天にある神社。祭神は高皇産霊尊、市杵嶋姫命、菅原道真の3柱だが、元々...
丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)は、奈良県吉野郡東吉野村にある神社。 高龗神(たかおかみのかみ)を主祭神に、 大山祇神・大雷神を配祀する。なお、以前は罔象...
金峯神社(きんぷじんじゃ)は奈良県吉野郡吉野町にある神社である。吉野山最奥の青根ヶ峰のそばにあり、吉野山の地主神を祭る。 吉野山の地主神である金山毘古命(か...
霊山寺(りょうせんじ)は奈良市中町にある霊山寺真言宗大本山の寺院。山号は登美山(とみさん)または鼻高山(びこうさん)、開基(創立者)は行基と菩提僊那、本尊は...
キトラ古墳(キトラこふん)は、奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳。亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業...
廣瀬神社(ひろせじんじゃ)は奈良県北葛城郡河合町にある神社である。廣瀬大社(ひろせたいしゃ)と呼ばれることもある。 若宇加能売命(わかうけのめのみこと)を主...
秋篠寺(あきしのでら)は、奈良県奈良市秋篠町にある寺院。奈良市街地の北西、西大寺の北方に位置する。本尊は薬師如来、開基(創立者)は奈良時代の法相宗(南都六宗...
海龍王寺(かいりゅうおうじ)は奈良県奈良市法華寺北町にある真言律宗の寺院。本尊は十一面観音。 光明皇后の皇后宮(藤原不比等の邸宅跡)の北東隅に建てられたこと...
蜻蛉の滝(せいれいのたき)は、奈良県吉野郡川上村の滝。高さ約50メートル2段の滝。 第21代雄略天皇がこの地を狩に訪れた時、天皇の臂(ひじ)に虻(あぶ)が食いついた...
西大寺(さいだいじ)は、奈良県奈良市西大寺芝町にある、真言律宗総本山の寺院。奈良時代に孝謙上皇(重祚して称徳天皇)の発願により、僧・常騰(じょうとう)を開山...
御霊神社は、奈良県五條市の神社。 この他、五條市には数多くの御霊神社がある。 御霊信仰(ごりょうしんこう)とは、人々を脅かすような天災や疫病の発生を、怨みを...
圓照寺(円照寺・えんしょうじ)は、奈良県御所市にある浄土真宗本願寺派の寺院。市内を流れる葛城川の東部(東御所)に位置する。山号は東向山、本尊は阿弥陀如来。大...
天石立神社(あまのいわたてじんじゃ)は奈良県奈良市柳生町の岩戸谷にある神社。戸岩山という小高い山の北麓、標高330メートルの山中に本殿を有たず、鎮座する巨岩を直...
脳天大神(龍王院)は、奈良県吉野郡吉野町にある金峯山寺の塔頭の1つ。 終戦後、当時の金峯山寺管長の夢枕に美女が立ち、暗り谷、地獄谷と呼ばれている蔵王堂の西にあ...
大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県と三重県の県境にある標高1695.1mの山である。深田久弥によって「日本百名山」に選ばれたほか、日本百景、日本の秘境100選に...
等彌神社(とみじんじゃ)は、奈良県桜井市桜井にある神社。明治時代までは能登宮と呼ばれていた。 上ッ尾社と下ッ尾社に別れている。本社にあたる上ッ尾社の御祭神は...
春日山原始林(かすがやまげんしりん)、春日山原生林(かすがやまげんせいりん)は、奈良県奈良市の市街市東方に位置する原生林。春日大社の山として神聖視され、樹木...
くつな石は、奈良県高市郡明日香村の奇石。石舞台古墳から更に登った位置にある。 その昔、巨大な石を見つけた石屋が切り出そうとして、鑿(ノミ)で打つと、石の割れ...
白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操(ごんそう)と伝える。 奈良市街地の東南部、春日山...
天香久山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)は、奈良県橿原市にある山。「天香具山」と表記されることもある。 畝傍山、耳成山とともに大和三山と呼ばれる。 古代か...
法輪寺(ほうりんじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教の寺院。三井寺(みいでら)とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも書く。宗派は聖徳宗、本尊は薬師如来坐像。法...
松尾寺 (まつおでら)は奈良県大和郡山市にある真言宗醍醐派の別格本山。山号は松尾山または補陀洛山(ふだらくさん)。本尊は千手観音。開基(創立者)は舎人親王(と...
瀧蔵神社(たきくらじんじゃ)は奈良県桜井市の神社。瀧藏、瀧倉、滝倉、滝蔵等々の表記もある。川上瀧蔵明神あるいは瀧蔵権現とも呼ばれる。御祭神は伊弉諾尊(中殿)...
吉祥龍穴(キッショウリュウケツ)は、奈良県宇陀市にある岩窟。 竜神が住むと言われ、竜穴神社の背後の渓谷に口を開けている。一帯は古代から磐境(いわさか)神の鎮...
益田岩船(ますだのいわふね)は奈良県橿原市白橿町にある花崗岩の巨大な石造物。つくられた時期や目的などは不明で、亀石・酒船石などと並ぶ飛鳥の謎の石造物の一つで...
五劫院(ごこういん)は奈良県奈良市北御門町にある華厳宗の寺院である。東大寺末。山号は思惟山。 拝観は予約制。
相撲神社は奈良県桜井市にある神社。 相撲の元祖、野見宿禰が當麻蹴速と力比べをしたという伝承から、相撲発祥の地といわれ、二人が勝負したと伝わる土俵跡がある。穴...
長寿岩は、奈良県山辺郡山添村の山添村ふるさとセンター前にある巨石。直径約7メートル、重量約6トン以上。 平成7年にふるさとセンター建設の造成工事の際出土したもの...
藤岡家住宅は奈良県五條市にある江戸時代に建てられた商家。重要文化財。 住宅が建てられた江戸時代は薬種業や荒物商を営んでいたと伝えられ、江戸時代末頃からは蝋燭...
大和葛城山(やまとかつらぎさん)は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境に位置する山。標高959.2m。 近鉄沿線の観光地として和泉葛城山よりも知名度が高...
押坂山口坐神社(忍坂山口坐神社 おしさかやまぐちにいますじんじゃ)は奈良県桜井市の神社。御祭神は大山祇神(おおやまづみのかみ)。神社は本殿がなく拝殿のみ。 押...
猿沢池(さるさわいけ、さるさわのいけ)は、奈良県奈良市の奈良公園にある周囲360メートルの池。興福寺五重塔が周囲の柳と一緒に水面に映る風景はとても美しく、「猿沢...
漢國神社(かんごうじんじゃ)は、奈良県奈良市にある神社である。旧社格は県社。園神として大物主命、韓神として大己貴命・少彦名命を祀る。 推古天皇元年(593年)2...
鍋倉渓(なべくらけい)は奈良県山辺郡山添村の神野山山腹にある渓谷。大小の黒色の岩々が幅平均25m、長さ約650mにわたり、まるで溶岩の流れのような景観を造りだしてい...
源九郎稲荷神社(げんくろういなりじんじゃ)は、奈良県大和郡山市にある神社。童謡『やまとの源九郎さん』に歌われている場所であり、地元では「源九郎さん」の呼び名...
氷室神社(ひむろじんじゃ)は、奈良県奈良市の神社。 シダレザクラが、「奈良一番桜」といわれ早咲きで知られる。
龍田神社(たつたじんじゃ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある神社である。式内社で、旧社格は県社。崇神天皇の時代に創立され、法隆寺の鎮守とされていた。 伝承によれば...
阿紀神社(あきじんじゃ)は奈良県宇陀市大宇陀迫間(おおうだはさま、旧大宇陀町域)に鎮座する神社。旧社格は県社、延喜式内社。旧称は阿貴宮および神戸大神宮、通称...
新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良市高畑福井町にある華厳宗の寺院である。本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝える。山号は日輪山(ただし、...
笠山荒神社は、奈良県桜井市の神社。日本三荒神のひとつ。荒振神(あらぶるかみ)を畏れ敬う神社。初めて火を起こし、ものを煮て食べることを教えられた土祖神・興津彦...
葛木坐火雷神社(かつらきいますほのいかづちじんじゃ)は、奈良県葛城市笛吹(旧新庄町笛吹)にある神社である。式内社(名神大社)で、旧社格は郷社。通称笛吹神社。
達磨寺(だるまじ)は、奈良県北葛城郡王寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は片岡山。本尊は、千手観音・達磨禅師・聖徳太子。 達磨寺の境内には達磨寺1号墳・2号...
鏡作神社(かがみつくりじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町の神社。正式には鏡作坐天照御魂神社という。 祭神は天照国照日子火明命、石凝姥命、天児屋根命で、古来か...
野口王墓(のぐちのおうのはか)は、奈良県高市郡明日香村にある古墳。形状は八角墳。古墳時代終末期の古墳である。 宮内庁により「檜隈大内陵(ひのくまのおおうちの...
奈良県高市郡明日香村大字上(かむろ)に鎮座する薬師堂。長安寺薬師堂とも言われる。 如来像は像高87cmの桧材一木造りの薬師如来が祀られているが、現在は拝観するこ...
弥山神社は、奈良県吉野郡の弥山山頂にある神社。 天河神社の奥宮。
鴨都波神社(かもつばじんじゃ)は、奈良県御所市にある神社である。式内社(名神大社)で、旧社格は県社。 積羽八重事代主命(事代主)と下照姫命を主祭神とし、建御...
戒長寺(かいちょうじ)は奈良県宇陀市榛原区にある真言宗御室派の寺院である。山号は戒場山(かいばさん)。本尊は薬師如来。 大和富士と呼ばれる額井岳(816m)の東...
般若寺(はんにゃじ)は、奈良市北部・奈良坂(奈良きたまち)に位置する真言律宗の寺院。山号は法性山、本尊は文殊菩薩。 コスモス寺の名で知られる。
手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)は、奈良県奈良市に鎮座する神社。手向山神社とも言われる。奈良市街東部の手向山麓に位置する。 手向山八幡宮は、聖武天皇が...
率川神社(いさかわじんじゃ)は、奈良市最古の神社といわれる大神神社の摂社。 本殿は一間社流造の社が3棟並んで立っている。中殿には神武天皇の皇后五十鈴姫命、右殿...
子嶋寺(こじまでら)は奈良県高市郡高取町にある高野山真言宗の寺院。山号は子嶋山(報恩山とも)。本尊は大日如来。開山は寺伝では僧・報恩と伝える。 平安時代中期...
南都鏡神社(なんとかがみじんじゃ)とは、奈良県奈良市にある神社である。藤原広嗣を祭神とする。 大同元年(806年)に新薬師寺の鎮守として境内南側にて創建された。...
聖武天皇陵・光明皇后陵(佐保山南陵、佐保山東陵)は、奈良県奈良市多門町にある奈良県奈良市にある陵墓。 聖武天皇陵は転害門を挟んで東大寺金堂と相対する。その東...
大師の硯石は、奈良県山辺郡山添村にある岩。 塩の入手に苦労していた山添村にやってきた弘法大師が、そういった集落の人々の苦境を見かねて、手に持っていた杖で岩を...
百済寺(くだらじ)は奈良県北葛城郡広陵町にある高野山真言宗の寺院である。山号はなし。本尊は十一面観音。 百済寺の創建の時期・経緯等は明らかでない。寺は三重塔...
都祁水分神社(つげみくまりじんじゃ)は、奈良県奈良市の神社。大和国水分四社(都祁、宇太、吉野、葛城)の一つであり、水の神様として信仰される。 現在の本殿は、室...
酒船石遺跡(さかふねいしいせき)は、奈良県明日香村岡にある、いくつかの石造物からなる遺跡。 以前から知られている酒船石に加えて、平成12年(2000年)の発掘で発...
東大寺二月堂は奈良県奈良市の東大寺にある、奈良時代(8世紀)創建の仏堂。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。 奈良の早春の風物詩である「...
鎮宅霊符神社(ちんたくれいふじんじゃ)は、奈良県奈良市陰陽町の神社。御祭神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。 付近は陰陽師の住む地区で、かつては陰陽師...
帯解寺(おびとけでら)は、奈良市今市町にある華厳宗の寺院。本尊は地蔵菩薩。安産祈願の寺として知られ、山号も子安山である。 奈良市南郊に位置し、JR桜井線帯解駅...
長岳寺(ちょうがくじ)は奈良県天理市柳本町にある高野山真言宗の寺院。山号は釜の口山(かまのくちさん)、本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は空海(弘法大師)とさ...
慈光院(じこういん)は奈良県大和郡山市小泉町にある臨済宗大徳寺派の寺院である。山号は円通山。本尊は釈迦如来。石州流茶道の祖・小泉藩主片桐石見守貞昌(石州)が...
穴師坐兵主神社(あなしにますひょうずじんじゃ)は、奈良県桜井市にある神社である。式内社で、旧社格は県社。
村屋坐弥冨都比売神社(むらやにますみふつひめじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町にある神社である。式内社で、旧社格は県社。大和三道の一つ「中つ道」(橘街道)に...
聖林寺(しょうりんじ)は奈良県桜井市にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は霊園山(りょうおんざん)、本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は定恵 定慧(じょうえ)と...
稲蔵神社は奈良県生駒市の神社。御祭神は生魂明神(いくむすび)、大宮能御膳神(おおみやのめみけつのかみ)ほか。稲蔵明神とも呼ばれる。 境内裏の稲蔵の森と呼ばれ...
十二柱神社(じゅうにはしらじんじゃ)は奈良県桜井市の神社。 神代の七神とその後の地神五神を祭神とする。垂仁天皇のころ、当麻蹴速(たいまのけはや)と相撲を取り...
矢田坐久志玉比古神社(やたにますくしたまひこじんじゃ)は、奈良県大和郡山市矢田町にある式内社、別名「矢落(やおち)神社」。 延喜式神名帳に記載されている大和国...
大和神社(おおやまとじんじゃ)は、奈良県天理市にある神社である。旧称朝和之宮(あさわのみや)。 日本書紀によれば、元々倭(日本)大国魂神は天照大神とともに大...
宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)は、奈良県宇陀市にある神社。芳野(上社)・古市場(中社)、下井足(下社)の3社がある。古市場の由緒によると、創立は崇神天皇...
竹林寺(ちくりんじ)は、奈良県生駒市有里町にある律宗の寺院。山号は生馬山。本尊は文殊菩薩騎獅像。 奈良時代の著名な僧・行基の墓があることで知られる。
気都和既神社(氣津分神社、けつわけ神社)は奈良県高市郡明日香村の神社。御祭神は気津別命(けつわけのみこと)、天児屋根命(天津兒屋根命)。 社地は、「茂古森(...
葛神社は奈良県宇陀市の神社。御祭神は天照大神。境内社に三輪明神社(大名貴大神)、垣内磐座社(九頭龍神)、飛地境内社に祇園社(素盞嗚尊)を祀る。 社伝では垂仁天皇の...
正暦寺(しょうりゃくじ)は、奈良市菩提山町(ぼだいせんちょう)にある寺院。菩提山龍華寿院と号し、奈良と天理の間の山あいに位置する。菩提山真言宗の本山(単立寺...
葛木御歳神社(かつらぎみとしじんじゃ)は、奈良県御所市にある神社である。式内社(名神大社)。御歳は「みとせ」とも読まれる。葛城御歳神社と表記されることもある...
芳徳寺(ほうとくじ)は、奈良県奈良市にある臨済宗大徳寺派の寺院。山号は神護山(じんごさん)で、本尊は釈迦如来三尊。芳徳禅寺とも称される。 柳生藩主柳生氏の菩...
不退寺 (ふたいじ)は、奈良市法蓮町にある真言律宗の寺院。本尊は聖観音 聖観世音菩薩。仁明天皇の勅願を受け、在原業平が開基したとの由緒から「業平寺」とも呼ばれ...
法起寺(ほうきじ、ほっきじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある聖徳宗の寺院。古くは岡本寺、池後尼寺(いけじりにじ)とも呼ばれた。山号は「岡本山」。本尊は十一面...
矢田寺(やたでら)は、奈良県大和郡山市にある高野山真言宗の寺院。山号は矢田山。 正式の寺号を金剛山寺(こんごうせんじ)という。
法起院(ほうきいん)は奈良県桜井市初瀬に所在する長谷寺の塔頭寺院である。宗派は真言宗豊山派。本尊は徳道上人。西国三十三所番外札所である。 寺伝によれば奈良時...
達磨寺(だるまじ)は、奈良県北葛城郡王寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は片岡山。本尊は、千手観音・達磨禅師・聖徳太子。 聖徳太子こと厩戸皇子が片岡山を通...
宝国寺(寳國寺)は奈良県御所市の真言宗寺院。山号は葛成山。「室むろ大師・身替みがわり大師」と呼ばれる。本尊は弘法大師(空海像)。元は「法谷寺」と記していた。 ...
岡本寺は奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派寺院。 飛鳥時代、舒明天皇の岡本宮ともいわれる旧蹟を伽藍として、「岡本寺」としたとも伝えられ、現在の本堂は昭和...
銅鳥居は、奈良県吉野町の吉野山から山上ケ岳まで4つある門のうちの最初の鳥居。「発心門」(ほっしんもん)と書かれた扁額を掲げている。 銅製の鳥居で高さ約8m。修験...
栄山寺(えいさんじ)は奈良県五條市にある真言宗豊山派の寺院。藤原武智麻呂(むちまろ)により創建された。山号は学晶山、本尊は薬師如来。奈良時代の建築である八角...