パワースポット 十二柱神社

十二柱神社(じゅうにはしらじんじゃ)は奈良県桜井市の神社。

神代の七神とその後の地神五神を祭神とする。垂仁天皇のころ、当麻蹴速(たいまのけはや)と相撲を取り、勝者となった野見宿彌(のみのすくね)の五輪塔が移されている。

神社境内には野見宿彌の顕彰碑や五輪塔が建てられている。また神社参道の石段を登った所にある狛犬の台座には珍しい相撲取りの人形が見られ、片方4人ずつで大きな狛犬を支えている。また武烈天皇の泊瀬列城宮址(はつせのなみきのみやあと)の石碑も立っている。

大昔は、神殿が無く巻向山にあるダンノダイラの磐座を礼拝していたという。明治の初め頃まで、年に一度、全村民がダンノダイラへと上り、出雲の先祖を祀り偲んでいた。

パワースポット 十二柱神社 住所

奈良県桜井市出雲650

パワースポット 十二柱神社 種類

神社・神道施設

パワースポット 十二柱神社 キーワード

秋 気候 三好市 神社 磐座 熊野十二柱神社 桜井市 奈良県 墓 塚 伝えられる 五輪塔 三野町 野見宿禰