パワースポット 聖林寺

聖林寺(しょうりんじ)は奈良県桜井市にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は霊園山(りょうおんざん)、本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は定恵 定慧(じょうえ)とされる。国宝の十一面観音立像を所蔵することで知られる。

聖林寺は桜井市街地の南方、北方に奈良盆地を見下ろす小高い位置にある。伝承では和銅5年(712年)に妙楽寺(現在の談山神社)の別院として藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)が創建したという。妙楽寺の後身である談山神社は当寺のはるか南方の山中に位置する。聖林寺の近世までの歴史は不明の部分が多いが、妙楽寺とともに、大神神社(おおみわじんじゃ)とも関連が深い寺院であったと思われる。江戸時代には性亮玄心(しょうりょうげんしん)が三輪山の遍照院を移して再興したという。

パワースポット 聖林寺 住所

奈良県桜井市下692

パワースポット 聖林寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 聖林寺 キーワード

音羽山観音寺 石垣 石仏 道人 江戸 水 桜井駅 桜井 本堂 月輪 最後 文字 神宮寺 種子 聖観音 電車 門前 鎮座 遍照院 造立年号 赤い 訪れた 観音立像 駅 観音堂 舟形光背型 摩滅 建つ 前掛け 古びた 城壁 平城宮 左手 墓碑 大きな 左 学生 休養 上って 1時間 4体 7体 地蔵菩薩 感じ バス停 飛鳥 いただいて 祈願 古寺巡礼 バス 街道 聖林寺さん 荒 携帯 神 真言宗室生寺派 景色 桜井市 案内 忘れて 蕎麦 拝観 紹介 本尊 花 桧原神社 廃仏毀釈 満開 木瓜 桜 手 行きたい 紅葉 雨 辺 里 法隆寺 赤き 行かせて 近く 頂きました 鎌足 日宗先生 霊視 所用 知る 旅 道 談山神社 御本尊 観音 見て 行き 有る 観音様