パワースポット 龍泉寺(天川村)

大峯山山上ヶ岳への登拝の出発点

龍泉寺(りゅうせんじ)は奈良県吉野郡天川村洞川(どろがわ)にある真言宗醍醐派の寺院で、同派の大本山である。山号は大峯山。吉野の竹林院、桜本坊、喜蔵院、東南院と共に山上ヶ岳にある大峯山寺の護持院の1つ。本尊は弥勒菩薩。近畿三十六不動尊霊場第31番札所。

洞川地区の中心的寺院として龍王講社を組織し、多くの参詣講を組織しているなど、大峯山山上ヶ岳への登拝の出発点となっている。

パワースポット 龍泉寺(天川村) 住所

奈良県吉野郡天川村洞川494

パワースポット 龍泉寺(天川村) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 龍泉寺(天川村) ブログ・ページ

天河神社が陰陽の陽で 龍泉寺が 陰のパワースポットらしです! さぁ、パワーを貰ったので仕事しよう~(^_^ゞ

ありちゃんから、先日、いちまるさんと行って来た奈良県天川村のパワースポット。龍泉寺の商売繁盛のお守りを頂きました。 お蔭様で、昨夜は、大入り超満員♪ さっそくご利益があったかも。 そのきんナイター競BARに引き続き、タイガースBARでは

後から調べたら、ここはパワースポットとして有名な場所なのだという。 (Ponkoは映画を見たからという理由で訪れ 女性 誕生日:梅雨真っ只中 血液型:AB型 自己紹介:愛媛出身&阪神→東京在住 続きを見る 読者になる

みなさんも一度ためしてみてはいかがでしょうか? パワースポットとしても 天川村は 有名なんですよぉ~ 洞川温泉では 猪鍋を食べ 神奈川から 物語がすすんでいくと・・・ ブレゲンツ! まさかぁ オーストリアのブレゲンツ 湖上オペラが映画に出てくると

ううーむ、しかしここはどうも、いわゆるパワースポットみたいな雰囲気があるぞ。 立っているだけでムチャクチャ気持ちイイゾ。 傍らの岩肌、しみ出した水に集まる「なんとかアゲハ?」 ▲ 残念ながら色が良く撮れず。実物は青が輝いている。

だいたい、自分にとっての パワースポット ってのは直感的にわかるもんだ。 今どうにも ふにゃりんとなっている気を養うためにも、よし、行こう ということで出かけてきました。 これは途中の黒滝村道の駅のこんにゃく ←通りすがりに必ず買う

ユンイさん、スピロスさんと一緒に天川・パワースポットを巡り、聖地で音霊を奉納させて頂いた旅でした。 http://ameblo.jp/mahane/entry-10551244178.html それから1か月 天川・洞川(どろがわ)に在る、「龍泉寺」に向かいました。さらに深い山道を分け入り

article_10.html スケジュール 10/20(水) 1日目 13:00 近鉄八木駅南口に集合 14:30 天川村到着 15:10 龍泉寺の散策 15:30~ 清流沿いのパワースポットランニング スタート 16:30 天の川温泉・到着 17:30 キャンプ場到着 夕食まで自由時間

でも、やっぱりパワースポットっていうのがあって 山の中でしたが、思ったより人が居ました。 他人が写ってたので 今回はこの鈴でお許しを(^_^;) 次は同じく天川村にある龍泉寺に行きました。 こっちのほうが大きくてビックリしましたね。

神社はパワースポットの上に建てられた建造物。ゆえに表の役目と裏の役目がしっかりあると考えられます。 15 分ほど車を走らせると洞川龍泉寺の八大龍王堂、洞川湧水群の近くに建ち地面から枯れる 天川村全体が巨大な水脈の上にある別世界

もちろん案内役は、陽だまり空間の パワースポットナビゲーターたなちゃん 。 前回のパワースポット巡りは、 大和国一之宮三輪明神 大神神社(おおみわじんじゃ) を みたらい渓谷 ・大峯山龍泉寺(おおみねさんりゅうせんじ) などを巡っ

陽だまり空間の企画、 青海さんと行く『パワースポット巡り??』が実施されました。 参加者は総勢11名。 その半数の方はパワースポット巡りは初めて。 でも、パワースポット 温泉 (どろかわおんせん) ・ 大峯山龍泉寺(おおみねさんりゅうせんじ

パワースポット 龍泉寺(天川村) キーワード

バイパス 話 茅ヶ崎 温泉 帰り際 平塚市 怪我 神奈川県 用事 熊谷市 湯 夫婦 主人 久々に 前 埼玉県 越前龍泉寺 神社仏閣 開山了庵慧明禅師りょう 相続 相模国大住郡糟谷 相模国 生まれ 鎌倉 禅師ふもんぜんじ 第31番 近江總寧寺 近畿三十六不動 虚しさ 藤原姓 近畿三十六不動めぐり 通 職 聖 里 能登妙高庵寺 渓谷 感じ 幻禅師 帰り 席 山 宝 地頭 大本山總持寺 大法 役行者 深い 感じる 戦国乱世 曽我 歩く 永沢寺 洞川 向け 多く 熊谷 霊場 観光客様 子供たち 深福寺 口 岡 大峰山 天川村 奈良県 泉 関東八十八ヵ所遍路 観音堂 離れ 西側 道 行きます 関東83番 飲める 逆 進む 行われます 見学 行きました 行く 行こう 龍