パワースポット 法起寺

法起寺(ほうきじ、ほっきじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある聖徳宗の寺院。古くは岡本寺、池後尼寺(いけじりにじ)とも呼ばれた。山号は「岡本山」。本尊は十一面観音。

聖徳太子建立七大寺の一つに数えられることもあるが、寺の完成は太子が没して数十年後のことである。「法隆寺地域の仏教建造物」の一部として世界遺産に登録されている。寺名は元来「ほっきじ」と読んだと思われるが、20世紀末頃から「ほうきじ」と読むことが多くなっている。世界遺産・法隆寺が所在する斑鳩(いかるが)の里には、他にも法起寺、法輪寺、中宮寺など、聖徳太子ゆかりの古代寺院が存在し、この地が早くから仏教文化の栄えた地であったことがわかる。

法起寺は法隆寺東院の北東方の山裾の岡本地区に位置する。この地は聖徳太子が法華経を講じた「岡本宮」の跡地と言われ、太子の遺言により子息の山背大兄王(やましろのおおえのおう)が岡本宮を寺に改めたのが法起寺の始まりとされている。境内周辺の発掘調査の結果、掘立柱(礎石を据えずに地面に直接柱を立てる)建物の遺構が検出されたことから、法起寺創建以前に何らかの前身建物が存在したことは確認されている。創建当時の法起寺の伽藍は、金堂と塔が左右(東西)に並び、法隆寺西院の伽藍配置と似るが、法隆寺とは逆に金堂が西、塔が東に建つもので、このような形式を「法起寺式伽藍配置」と称している。なお、創建当時の建築で現存するものは三重塔のみである。

パワースポット 法起寺 住所

奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873

パワースポット 法起寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 法起寺 キーワード

入江泰吉 花 風趣 伽藍配置 置く 新式寺院 大安寺式伽藍配置 塔 国分寺式伽藍配置 回廊 古式寺院 双塔 内郭区画 誤認 生駒郡 約60m 標高7080m 読む 高さ 状況 田原本町 秦氏 秦河勝 荷台 関わった 造り 聖徳太子 記事 軽トラ 旅行 法貴寺 日本最古 法楽寺 歴史ウォーク 桃太郎 法隆寺様式 聞く 樹 鉄塔 葉 本尊 里 駐車場 書く 見える 竜田川 長谷寺 鉛筆水彩 電車 近鉄 草津市 顔 法起寺三重塔 虚実 葉寿し 頂いた 講堂 法輪 法隆寺夏季大学 目指します 通過 物 絵 聖 池 構成 行く 横 訪問 興福寺 第52番 法隆寺地域 鬼 説 秋桜 秋 法隆寺 画像クリック 金堂 法輪寺 配置 通る 金