インド風水属性検索

インド風水からあなたの属性を調べ、ぴったりのパワースポットを探します

生年月日

北海道 市町村

上川郡 上磯郡 久遠郡 亀田郡 伊達市 余市郡 函館市 利尻郡 勇払郡 北見市 十勝郡 千歳市 夕張郡 室蘭市 富良野市 小樽市 岩内郡 岸郡郡 川上郡 帯広市 常呂郡 幌泉郡 斜里郡 旭川市 有珠郡 札幌市 松前郡 様似郡 江別市 沙流郡 河東郡 深川市 登別市 白老郡 石狩市 石狩郡 礼文郡 積丹郡 空知郡 紋別郡 網走市 網走郡 苫前郡 苫小牧市 茅部郡 虻田郡 足寄郡 釧路市 釧路郡 

北海道 パワースポット一覧

北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)とは、北海道札幌市中央区にある神社。 北海道の開拓当時樺太・千島に進出を進めていたロシアに対する守りということで、大鳥居が...
美瑛神社(びえんじんじゃ)は北海道上川郡美瑛町の神社。 北海道三大パワースポットの一つとも言われ、伊邪那岐神・伊邪那美神を御祭神とし、を主神とする。
洞爺湖(とうやこ)は、北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖。支笏洞爺国立公園に含まれるほか、2008年の日本百景に登録されている。 浄化される陰のエネ...
美瑛の青い池は、北海道上川郡美瑛町の池。防災砂防工事の副産物として美瑛川に生まれた。 水が青い理由は、『しらひげの滝』温泉街の上流にある十勝岳を源流とする硫...
神の子池(かみのこいけ)は、北海道網走管内斜里郡清里町にある池である。水の透明度は高く、池に沈んだ倒木が水の底に横たわる姿がはっきりと見える。 天候にもよる...
羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。 ...
神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹町大字神威岬にある岬。積丹半島北西部から日本海に突き出している。 ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属している。
上川神社(かみかわじんじゃ)は、北海道旭川市にある神社。境内社として旭川天満宮(あさひかわてんまんぐう)がある。アイヌの聖地で「神々の遊び場」といわれている...
支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖。支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖として知られる。 支笏カルデラの形成後に、恵庭岳・風不死岳がカルデラ...
大雪山(たいせつざん、だいせつざん)とは、北海道中央部にそびえる火山群の名称である。一つの山ではないことを明確にするため、「大雪山系」という呼称もしばしば使...
ヤイタイ島は北海道の阿寒湖に浮かぶ島。 龍神様の神社があり、白龍神王のご神体が祀られている。
西野神社(にしのじんじゃ)は、北海道札幌市西区に鎮座する。 豊玉姫命・鵜草葺不合命・譽田別命の三柱を祭神として祀り、特に主祭神である豊玉姫命は縁結び・安産・...
摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された...
白石神社(しろいしじんじゃ)は、北海道札幌市白石区にある神社である。社格は旧村社。 かつて境内下には、霊泉(湧水)があった。地元住民の間では、特に評判であっ...
函館八幡宮(はこだてはちまんぐう)は、北海道函館市にある神社である。 品陀和気命(八幡神)を主祭神とし、住吉大神・金刀比羅大神を配祀する。函館山の南東麓に東...
札幌伏見稲荷神社(さっぽろふしみいなりじんじゃ)は、北海道札幌市中央区伏見にある神社。
神仙沼(しんせんぬま)は、北海道のニセコにある沼。 高山植物群や赤エゾ松に囲まれている。ノゴマやシマアオジなど、草原性の野鳥も見られる。 6月中旬には、湖面を彩...
成田山札幌別院新栄寺(なりたさんさっぽろべついんしんえいじ)は、北海道札幌市中央区南7条西3丁目2にある真言宗智山派の寺院である。 名称に成田山が付いている通り...
白髭滝(しらひげのたき)は、北海道上川郡美瑛町の滝。十勝岳の麓にある。 山の雨がいったん伏流水となり、崖の中腹から湧水となり滝を形成している。名前の通り、白...
然別湖(しかりべつこ)は、北海道十勝管内の鹿追町北部の大雪山国立公園内にある湖である。 標高810mに位置し、北海道の湖では最も標高の高い場所にある。古代の火山...
オンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。 雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れ...
大沼駒ヶ岳神社は、北海道亀田郡七飯町の神社。大沼の畔に鎮座する。 大正三年に駒ケ岳の奉安祭典を行ったのが始まりで、毎年春に湖と山の安全が祈願される。そばには...
ニセコとは、北海道後志支庁管内にあるニセコ町、倶知安町、蘭越町などをまたぐ地域の総称のこと。ニセコアンヌプリ、ニセコチセヌプリなどのニセコ連山がある地域のこ...
駒ケ岳神社は、北海道亀田郡七飯町の神社。 駒ケ岳の登山口にある。
礼文島(れぶんとう)は、北海道北部、稚内の西方60kmの日本海上に位置する、現在日本の施政権が及ぶ範囲において最北の島。地名語源はアイヌ語のレプン・シリ(沖の島...
十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077mの活火山。大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝火山群...
義経神社(よしつねじんじゃ)は、北海道沙流郡平取町にある神社。御祭神は、源義経。 境内敷地内に義経資料館が所在する。
五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に現在の北海道函館市に建造された城郭および当時日本で建造された星形の城郭の通称。 当時の正式名称は亀田役所土塁。柳野城...
十勝千年の森は北海道上川郡清水町にある自然公園。世界的ガーデンデザイナーのダン・ピアソン氏が設計した4タイプのガーデンや、野山を走るセグウェイツアー、乗馬、ヤ...
忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)は、北海道小樽市忍路にあるストーンサークルの遺跡である。日本の考古学史上初めて学会に報告されたストーンサークルでも...
藻岩山(もいわやま)は、北海道札幌市南区にある標高531mの山である。札幌の中心から南西、南南西にあり、20世紀後半になって高い建物が林立する以前は、街からよく見...
平和の滝(へいわのたき)は、北海道札幌市西区平和の琴似発寒川の流脈にある滝である。別名「右股の滝」とも呼ばれる。 落差は約10メートル程、近くには手稲山登山口...
釧路湿原(くしろしつげん)は、北海道釧路平野に位置する日本最大の湿原である。 湿原の大部分はヨシ-スゲ湿原であるが、ミズゴケ湿原も一部あり、食虫植物のモウセン...
太田神社は、北海道久遠郡せたな町の神社。「日本で最も参拝の困難な神社」とも言われる。 北海道最古の山岳霊場で、航海の安全と霊神の加護として信仰される道南五大...
龍宮神社は、北海道小樽市の神社。 御祭神は、底津和田都美神(そこつわだつみのかみ)、中津和田都美神(なかつわだつみのかみ)、上津和田都美神(うわつわだつみのかみ)...
羊蹄のふきだし湧水は、北海道虻田郡京極町の湧き水。 羊蹄山山麓の湧水の一つで、山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し湧き出した湧水である。「ふき...
樽前山神社(たるまえざんじんじゃ)は、北海道苫小牧市にある神社である。 明治初年、樽前山周辺の原野を開拓するに当たり、樽前山山麓に山の神・大山津見神を祀った...
美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町との境にある峠である。標高490m。 峠は阿寒国立公園に属し、展望台からは屈斜路湖や阿寒の山々が一望...
新得神社は北海道上川郡新得町の神社。御祭神は天照皇大神。 明治32年に新得原野に13戸の山形県入植者が入地し、同36年玉川半兵衛・太田才太郎・原田熊五郎・岡田善蔵...
森の神様は、北海道の大雪山西麓に佇むカツラの巨樹。 幹周11.51m、樹高31m、樹齢900年と推定されている。
刈田神社は、登別市中央に鎮座する神社。御祭神は保食神・日本武尊・大物主神。 北海道最古の神社とも言われる。
鳥取神社(とっとりじんじゃ)は、北海道釧路市鳥取大通(旧 鳥取町)にある神社である。旧社格は村社。鳥取村は、明治17年(1884年)に鳥取県からの士族移住者によって...
山彦の滝は北海道紋別郡の滝。高さ28mを誇る勇壮な瀑布は、裏側にまわって見ることができるため、「裏見の滝」とも呼ばれる。 真東向きの滝は珍しく、ご利益が深いとの...
湯倉神社(ゆくらじんじゃ)は、北海道函館市の神社。御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)。 湯の川温泉発祥の地とされている。
利尻山(りしりざん)は北海道、利尻島に位置する単独峰で標高1,721m。利尻町、利尻富士町の2町にまたがる山。「利尻岳」、「利尻富士」とも呼ばれる。 利尻礼文サロベ...
アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる。 アトサヌプリの名は、アイヌ語の...
有珠山(うすざん)は、北海道・洞爺湖の南に位置する標高737mの活火山。山頂は有珠郡壮瞥町にあり、山体は虻田郡洞爺湖町、伊達市にもまたがる。 20世紀の100年間だけ...
吹上温泉(ふきあげおんせん)は、北海道空知郡上富良野町吹上温泉にある温泉である。 一軒宿の吹上温泉、町営吹上温泉保養センター「白銀荘」と、そこから徒歩約5分の...
カムイワッカ湯の滝(かむいわっかゆのたき)とは、北海道斜里郡斜里町にある滝であり、滝自体が温泉となっている。 一般にはカムイワッカの滝と呼ばれるが、下流には...
浜益の千本ナラは北海道石狩市にある巨木。推定樹齢820年、直径2m、樹高30m級の大木が三本並んでおり、毘砂別送毛線頂上付近に位置する。「新日本名木100選」に指定...
美郷不動尊は、北海道上川郡美瑛町にある神社。湧水で知られる。 昭和初期に美瑛市街地で若松屋を経営していた若松氏が、美沢地区での温泉経営を企画し、馬車で不動尊...
いかモニュメントは北海道函館市のセラピア函館前にあるいかの石像。
網走神社(あばしりじんじゃ)は、北海道網走市にある神社である。旧社格は県社。北見国の一宮と称される。 市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命の三神(宗像三女神)を祀...
厚真神社(あつまじんじゃ)は、北海道勇払郡厚真町の神社。
層雲峡は北海道上川町にある峡谷である。大雪山国立公園に位置し、石狩川を挟み約24kmの断崖絶壁が続く。 石狩川左岸の断崖に並んでかかる流星の滝、銀河の滝がパワー...
虻田神社(あぶたじんじゃ)は北海道虻田郡洞爺湖町にある神社。1804年創建。
長沼神社は、北海道夕張郡長沼町の神社。 御祭神は大國魂神(おおくにたまのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)。 明治33年長沼市街地...
音江環状列石(おとえかんじょうれっせき)は、北海道深川市音江に所在する縄文時代の環状列石群である。別称は、音江環状石籬である。1928年(昭和3年)、北海道指定の...
亀田八幡宮は、北海道函館市にある神社。御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)。 誉田別命は武人の神様として知られ、武芸上達や武運長久などのご利益があるという。...
利尻の主(利尻のミズナラ)は、北海道利尻郡の利尻島にある巨木。利尻山の北斜面の標高500m付近に位置する。 夏場はアクセス困難な位置にあり、正確な幹周も計測でき...
帯廣神社(おびひろじんじゃ)は、北海道帯広市にある神社である。旧社格は県社。 大國魂神・大那牟遲神・少彦名神の開拓三神を祀る。 1853年(明治16年)、開拓団体...
余市神社は、北海道余市郡余市町の神社。 御祭神は天照大神(あまてらすおおかみ)、保食神(うけもちのかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ...
境内の中にある、乳神神社の祭神は乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)で、乳授け・子宝・安産・縁結びの神様とされている。ナラの木を手彫りで奉製したおっぱいお...
白金不動の滝は海道上川郡美瑛町にある滝。白樺街道の途中に位置する。 水量豊富で水温も低く、夏でも冷たい。また白金新四国八十八ヶ所の石仏群が並んでおり、不動の...
福島大神宮は、北海道松前郡福島町の神社。 創立年代は不詳だが、本州からの渡海者が伊勢皇大神宮の大麻を奉じて「カムイナイ」(アイヌ語)という小沢に鎮座したと伝...
琴似神社(ことにじんじゃ)は、北海道札幌市西区琴似にある神社。御祭神は天照大御神、豊受大神、大国主命、武早智雄神、土津霊神。 琴似に屯田兵が入植したとき、同...
チキウ岬(チキウみさき、ちきゅうみさき)は、北海道室蘭市母恋南町に位置し、太平洋に面する岬。内浦湾(噴火湾)の北側の湾口である。地球岬とも表記される。 室蘭...
当麻鍾乳洞(とうましょうにゅうどう)は、北海道上川郡当麻町にある鍾乳洞である。1957年(昭和32年)1月13日、石灰岩を採掘中に発見された。北海道指定天然記念物。 ...
湯元小金湯温泉は、北海道札幌市南区にある温泉。 小金湯温泉は羊蹄山から札幌につながる「龍の通り道」にあたり、三方を山に囲まれ、神威岳からのエネルギーを砥山ダ...
恵山(えさん)とは、恵山道立自然公園に指定された北海道函館市の活火山。渡島半島の東南端で太平洋に突き出すように位置する。 標高618mで三等三角点(点名「恵山」)...
ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物及び博物館。大正時代のアメリカ人宣教師ジョージ・ペック・ピアソンの業績を記念して開設さ...
森町稲荷神社は北海道茅部郡森町御幸町の神社。 正徳年間(1711~1715年)の創建と伝えられる。明治9年10月に郷社となり、間もなく神社の移転改築が決定。明治17年に拝殿...
大滝の三階滝は、北海道伊達市大滝区にある滝。白老岳(968m)を源とする三階滝川にかかる。水量が豊富なため轟音を響かせ豪快に落ちている。散策路はなく、滝をかす...
サロマ湖(サロマこ)は、北海道オホーツク海岸の北見市、常呂郡佐呂間町、紋別郡湧別町にまたがる湖。 面積は約152km²で、北海道内で最も大きな湖であり、琵琶湖、霞...
芦別岳(あしべつだけ)は、夕張山地のほぼ中央、富良野市の南東に位置し、富良野市・芦別市・南富良野町にまたがる山岳である。山頂は、富良野市と南富良野町との境界...
野幌森林公園(のっぽろしんりんこうえん)は、石狩平野中央部の野幌丘陵に設けられた北海道立自然公園。 広い天然林を中心に、自然と歴史に接するための施設が付属す...
新琴似神社は、北海道札幌市の神社。明治20年(1887年)に、開拓使札幌本府の北方である新琴似に入植した陸軍屯田兵歩兵第一大隊第三中隊が、中隊本部の東方の浄泉の湧...
誓願寺は、北海道札幌市の寺院。 札幌七福神のうち「弁財天」を祀る。
相馬神社(そうまじんじゃ)は北海道札幌市豊平区平岸にある神社。 1871年(明治4年)3月、仙台藩領水沢からの入植者により、現在地にて札幌神社の遥拝所として祭事が...
曽我北栄環状列石は、北海道虻田郡ニセコ町にあるストーンサークル
見晴らしの松(青山の水松)は、北海道石狩郡当別町青山奥にあるイチイの巨木。樹齢1300年以上(飛鳥時代の生まれ)と推定される。高さが17m、直径が2m。北海道記念保...
立待岬(たちまちみさき)は、北海道函館市住吉町にある、津軽海峡に面した岬である。 函館山の南東に位置する。津軽海峡につきでた断崖上にあるため展望が良く、天気...
金比羅神社は北海道苫前郡初山別村にある神社。 道の駅ロマン街道しょさんべつや岬センターのあるみさき台公園崖下、金比羅岬灯台の下あたりに位置する。厳島神社を思...
五天山は、北海道札幌市西区平和にある標高303mの山。 山頂には五天山神社奥院がある。 ピラミッド状の形をしている。
アポイ岳(アポイだけ)は、北海道様似郡様似町に位置し、日高山脈の南端にある山。標高810.5m。地名の由来はアイヌ語の「アペ・オ・イ」(火のあるところ)より。 山...
チミケップ湖は、北海道東部、網走管内網走郡津別町字沼沢にある湖である。「チミケップ」とはアイヌ語で「崖を破って水が流れる所」という意味。 約一万年前に地殻変...
大法寺(たいほうじ)は、北海道旭川市に所在する日蓮正宗の寺院。山号は明光山(みょうこうさん)。 北海道三十三観音霊場の一つ。
比布神社(ぴっぷじんじゃ)は北海道上川郡比布町の神社。主祭神は天照大神、開拓礎の宮を合併により合祀する。 明治32年、入植者らによって石狩川河畔の瀬棚山に小祠...
出雲大社函館分社(出雲大社函館教会)は北海道函館市にある神社。
星置の滝(ほしおきのたき)は、北海道札幌市手稲区金山にある星置川にかかる滝。落差は約12m。途中で向きを変え2段になって流れ落ちる。 上流には乙女の滝がある。
清滝不動尊は、北海道室蘭市の寺院。 東西相対峙し、男滝女滝が奔流をなしており、滝と滝の間に不動尊が祀られている。
龍のほこらは、北海道川上郡弟子屈町にある桂の木と、それを祀っている祠。 屈斜路プリンスホテルの敷地内にあり、桂の木が龍の顔の形に見えることから、こう呼ばれて...
脳天大神・蔵王寺は、北海道小樽市にある金峯山寺の北海道別院。 手稲山の山すそに抱かれた、大自然を道場とする山岳宗教であり、金峯山修験本宗(修験道)の寺院である。
国泰寺(こくたいじ)は、北海道厚岸郡湾月町のバラサン岬に所在する臨済宗南禅寺派の寺院。山号は景運山。 国の史跡に指定されている。
佐女川神社(さめがわじんじゃ)は、北海道上磯郡の神社。松前藩地頭の河野加賀守源景広により、寛永2年(1625)に佐女川のほとりに武運長久を祈願し、祠(ほこら)が建...
森三吉神社は北海道茅部郡森町御幸町の神社。 明治20年(1887年)創建。8尺8寸の石碑を依代として町民有志に祭祀されてきた。三吉信仰を基盤として、大正13年、秋田県秋...
苔の洞門は、北海道千歳市の風不死岳の麓にある、枯れた峡谷にびっしりと苔がむした奇勝地。 樽前山が噴火したときに流れ出た溶岩の割れ目が、沢水等により浸食されて...
手稲神社は、北海道札幌市の神社。明治のはじめ、手稲村の開拓移住者は、札幌神社(現在の北海道神宮)を参拝する事を常としていたが、冬季・農業期の不便を感じ、地元...
船魂神社は、北海道函館市の神社。津軽海峡の海上安全を願って祀られた神社で、北海道では最古の神社である。 社記によると、崇徳天皇の時代、保延元年(1135年)融通...
旭川神社は、北海道旭川市の神社。明治25年(1892年)に旭川屯田400戸が入植した際、屯田中隊事業の中で村社として創始された。伊勢の神宮の御分霊を奉じる。天照大神と...
江別神社(えべつじんじゃ)は、北海道江別市にある神社である。旧社格は郷社。明治18年、熊本県より移住した屯田兵の守護神として加藤清正公を江別市緑町の飛鳥山にお...
錦山天満宮(にしきやまてんまんぐう) は、北海道江別市の神社。明治18、19年、九州各県・山口・広島・岡山・鳥取の各県からの野幌屯田兵の入植により、原始の密林を開...
隆光寺は、北海道札幌市の寺院。 毘沙門天と福禄寿が祀られている。
白老八幡神社は、北海道白老郡の神社。今からおよそ300年前に「弁財天」を奉ったのが始まりで、現在は白老郡の総鎮守となり毎年多くの参拝客で賑わっている。また、ロシ...
釧路厳島神社(くしろいつくしまじんじゃ)は北海道釧路市(釧路国釧路郡)に鎮座する神社。釧路市民の守護神として仰がれている。旧社格は県社。知人岬の太平洋を見下...
中嶋神社は、北海道室蘭市の神社。大雨で川が氾濫しても、神社の境内だけは難を逃れたことから、中島と名づけられたといわれる。
平岸天満宮(太平山三吉神社)は北海道札幌市豊平区平岸の天神山緑地に鎮座する神社。三吉霊神が祀られていることから太平山三吉神社、菅原道真公が祀られていることか...
月寒神社(つきさむじんじゃ)は、北海道札幌市豊平区月寒西にある神社。福住厳島神社とは同根である。
豊平神社は、札幌市豊平区の神社。境内には、針供養歌碑が建立されている。針供養は、縫い針に感謝し、裁縫技術の上達を祈る日本古来から続く行事。この碑は、神社の近...
住吉神社は、北海道幌泉郡えりも町の神社。 文化9年(1812)創建。明治31年までこの地にて昆布採取、鮭建網などの業を切揚げる旧暦の10月23日に勘定祝いを兼ねて祭典が執...
龍徳寺(りゅうとくじ)は、北海道小樽市にある曹洞宗の寺院である。 山号は海雲山。
岩戸観音堂は、北海道札幌市南区の定山渓温泉にある観音堂。 地崎宇三郎氏が小樽と定山渓間の道路を建設した先祖の遺志を継ぎ、施工中に殉職した技術者や労働者達の慰...
本誓寺は、北海道旭川市の浄土真宗本願寺派寺院。
青葉ヶ丘公園は北海道茅部郡森町の公園。 1914(大正3)年に設立された歴史ある公園で、道内有数の桜の名所である。樹齢100年ほどのソメイヨシノから、モリコマチ、ベ...
有珠善光寺(うすぜんこうじ)は、北海道伊達市にある寺院。「善光寺跡」として国の史跡に指定されている。 伝承によれば、平安時代の天長3年(826年)比叡山の僧であ...
カムイロキは北海道上川郡新得町の屈足湖にある100メートルの断崖。アイヌの伝説では、カムイロキは神聖な場所であり、人が近づいてはならぬ場所であった。 幕末から明...
乙女の滝(おとめのたき)は北海道札幌市手稲区手稲金山にある滝。 下流には星置の滝がある。 JR北海道手稲駅で発売された、手稲区区制20周年記念入場券のデザインにも...