パワースポット 大杉苑瞑想道場(大杉権現社)

大杉苑瞑想道場、大杉権現社(おおすぎごんげんしゃ)は京都府京都市左京区の鞍馬寺にある。

樹齢千年に近い杉の巨木で、「護法魔王尊影向(ごほうまおうそんようごう)の杉」として古くから尊崇されている。昭和25年の台風の影響で中ほどから折れ、現在は高さ15mほどの根幹を残す。

地表に露出した木の根が不思議なアラベスク模様をした木の根道で、幼い義経(牛若丸)がこれを取り除く鍛練をしたとの伝説が残る。

パワースポット 大杉苑瞑想道場(大杉権現社) 住所

京都府京都市左京区鞍馬本町

パワースポット 大杉苑瞑想道場(大杉権現社) 種類

木・植物

パワースポット 大杉苑瞑想道場(大杉権現社) ブログ・ページ

ヒンドゥー教の神話に登場するサナート・クマラと類似するところが多く、鞍馬の地名の由来となっているという説もあります。 Amp_9671a. この辺りは、大杉苑瞑想道場と呼ばれ、護法魔王尊のエネルギーの高い場所とされています。この日は、パワースポット巡り

パワースポット 大杉苑瞑想道場(大杉権現社) キーワード

気候