パワースポット 興正寺(京都市)

興正寺(こうしょうじ)は、京都市下京区にある浄土真宗の寺。山号は円頓山。西本願寺の南隣に位置する。

かつて西本願寺の脇門跡であったが、1876年(明治9年)に真宗興正派として独立した際に、同派の本山となる。住職は門主の華園家。本山だけあって大きな寺であるが、壮大な西本願寺の南に隣接しているため、一見西本願寺の伽藍の一部と見まがう。また西本願寺の御影堂があまりに大きく、興正寺の伽藍が比較的小さく感じられる。

1205年(承元元年)専修念仏は停止され、宗祖である親鸞は越後に配流されたが、1211年に赦免された。寺伝によると、親鸞は赦免された翌年の1212年(建暦2年)に京都に帰り、山城国 山科郷に一宇を創建し「興正寺」と名づけたとし、その後、親鸞はこの寺を弟子の真仏上人(第二世)にまかせ、阿弥陀仏の本願をひろめるため関東行化に旅立ったとされる。

パワースポット 興正寺(京都市) 住所

京都府京都市下京区堀川七条上ル花園町70番地

パワースポット 興正寺(京都市) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 興正寺(京都市) キーワード

梅 坂 有り 門 山科 横 境内 地 名古屋 一番 八事駅 貰いました 御朱印 御朱印帳 本山興正寺 大須観音 アメリカ 雲閣 尾張電気軌道株式会社 始まり 見た 真宗興正派 盆踊り 裏路地 六国見山 光照寺 入る 向こう 親鸞さん 寺 お隣 着きました 見てきました 花 興正寺さん 精霊流し 続き 鶴舞公園 縁日 聞いてました 家 文明 暑い 踊り 東本願寺 温故知新 準備 灯籠 資産 高野町 興正寺連絡寺務所 興正寺騒動 高野山真言宗 集落 解任 檀家 真向かい 本堂2つ 本堂 続く 総本山 総本山側 総本山金剛峯寺 末寺 本山 東別院御坊夏まつり 阿弥陀堂門 音聞山 着付け 着物女子編 西本願寺 着物教室 本願寺 野菜 都会 農家直送 興正寺参拝 点灯 目標達成 興正寺様 行いました