パワースポット 勧修寺

勧修寺(かじゅうじ)は、京都市山科区にある門跡寺院。真言宗山階派大本山。山号を亀甲山と称する。開基(創立者)は醍醐天皇、開山(初代住職)は承俊、本尊は千手観音である。

皇室と藤原氏にゆかりの深い寺院である。寺名は「かんしゅうじ」「かんじゅじ」などとも読まれることがあるが、寺では「かじゅうじ」を正式の呼称としている。一方、山科区内に存在する「勧修寺○○町」という地名の「勧修寺」の読み方は「かんしゅうじ」である。

900年(昌泰3年)醍醐天皇の生母藤原胤子の追善のため創建された寺で、外祖父藤原高藤の諡号(しごう)をとって勧修寺と号した。開山は東大寺出身の法相宗の僧である承俊律師。代々法親王が入寺する宮門跡寺院として栄えたが、1470年(文明2)兵火で焼失して衰退し、江戸時代に入って徳川氏と皇室の援助により復興された。(法親王とは皇族男子で親王宣下後に出家した者。宮門跡とは代々皇族が住持を務める別格寺院のこと)

パワースポット 勧修寺 住所

京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

パワースポット 勧修寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 勧修寺 ブログ・ページ

天龍寺、神護寺、高山寺、龍安寺、毘沙門堂、 萬福寺、貴船、真如堂、勧修寺、円山公園が各1回です。 「絵になる」寺院は大体登場していますね。 今回は場所としての空間的な魅力(私的なパワー・スポットでもある)という点も考えて選んでみました。

パワースポット 勧修寺 キーワード

中心 藤原顕 通 勧修寺流藤原光房 復帰 房 摂関家 光房 権大夫 亮 九条 二月 文治元年 解任 補任 良経 義経 知行国主 石見守 滋子 娘 養子 判明 関係 光長 藤原 兄長房 本能寺 宝塔 鳥羽中宮 高瀬 滝 勧修寺グランド 説 結果報告 試合グランド 論文 越中 大石神社 金堂 奥社 荘 白河法皇 甘い 皮ごと 食べられる 帰り 白河皇子 宮道氏 藤原氏 皇女 子 良輔 小田氏 蓮 石動山石動寺 母 子女 平安 兼実 尼御前 女院領 天皇勅願所 出る 勧修寺流 吉田経房 鳥羽天皇 同母弟 邸内 土御門 近衛天皇 足利氏 山科 藤原得子 白河院 昇子内親王 白河上皇 異母兄 甥 春華門院 猶子 河内金剛寺 皇女八条 拡大 御室仁和寺派 後鳥羽上皇 荘園 崇徳 神宮 揚げ 御影堂 美福門院 養育 食べよう 院 雨 隅 雪見灯籠