パワースポット 勝連城

勝連城(かつれんぐすく・かつれんじょう)は、沖縄県うるま市にあるグスク(城)である。勝連半島の南の付け根部にある丘陵に位置し、南城(ヘーグシク)、中間の内、北城(ニシグシク)で構成されている。

13世紀-14世紀に茂知附按司により築城されたという。この城の最後の城主が阿麻和利である。阿麻和利はクーデターを起こしてこの地方の按司となり、琉球の統一を目論んだが1458年に琉球王府によって滅ぼされた。

首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている。

パワースポット 勝連城 住所

沖縄県うるま市勝連南風原1710

パワースポット 勝連城 種類

歴史的建造物・城・橋

パワースポット 勝連城 ブログ・ページ

パワースポットの勝連城海中道路や、昔は離島が見えて。この木にパワーが宿るって(*^^*)読谷やちむんの看板シーサー⁉️大好きな沖縄10年通っても飽きない…私のメンタルケアになってる(⌒▽⌒)10年、修羅場のよーな生活を沖縄の海や

年末ということで、なんとなくパワースポットを。 なにげに今年は3月と9月、2回沖縄に行ってました。 ただ、3月はウィルス性胃腸炎をくらって、ほぼほぼ戦力外でしたが 1227座間味グスク-7 座喜味グスクは、勝連城跡や今帰仁のグスクと 

さぁ、ディープな沖縄パワースポットの旅へご案内します! 翌朝、まずご案内したのは、英雄 阿麻和利の居城、勝連城。 その敷地内、命御庭 「ぬちうなー」のパワースポットの数々。 海の神 龍宮神の通り道 「龍神風道」

一夜明けてシーサーガーデンでの朝食 2日目は“パワースポット”巡りにお出かけ! 今頃は勝連城の頂上で太平洋を一望 タグ : 真栄田岬 サンセットクルーズ 沖縄県認定工芸士“ 宮城秀雄 ”シーサーが勢揃 シーサーガーデンショップ 見

でも、勝連城跡は澄んだ空気に満ちていて、よいことを運んでくれる、パワースポットみたいな感じがする。 無料ですし、いたずらに整備や管理がされていないことも、またおすすめの点です。 お酒以外にも楽しいことがあって

琉球王国時代には、海外との貿易をさかんにおこない、首里城に負けないほどに栄えていたお城だそうです。 お城跡に登ると大パノラマ 山の地形を いまの流行言葉でいうとパワースポット!? 何枚か写真をとりましたが、 なんだかUPする気分にはなら

パワースポット 勝連城 キーワード

城 勝連城跡 世界遺産 引用 南原区民 可能 園児31人 目的 城跡内 準備 横23メートル 描く 描いた 持ってもらう 彩る 輝く 全員 続く 闇夜 プロジェクト実行委員会 進めてきた 設置 光 30日 12月 入場 絵画 有志ら 麻和利出陣祭 辻村栄 賛同 琉球新報 第2弾 興味 縦9メートル 絵 始まった 城跡 地元 勝連城復活プロジェクト 再現 児童ら 児童299人 一環 8時 プロジェクトリーダー ま市立南原小 8月20日 幻 巨大な 入場無料 うる 巨大 0819-56 良い 行く 待っている 山羊 石垣 早めに 特色 雨 攻め 階段 登録 華やかな 首都 関連 根 根の国 隼 曲輪 居城 建物 所 駐車場 見える 安定 壁画 真ん中 移動 現在地 多く 王権 狭い 海岸側 最期 発掘調査 護佐丸 計画 海 沖縄 攻略 座喜味城 首里城 沖縄訪問 麻和利