パワースポット 御香宮神社

伏見の御香水

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)は京都市伏見区にある神社である。通称御香宮、御幸宮。伏見地区の産土神である。

神功皇后を主祭神とし、夫の仲哀天皇、子の応神天皇ほか六神を祀る。神功皇后の神話における伝承から、安産の神として信仰を集める。また社務所内に小堀政一(遠州)が伏見奉行所内に作ったとされる庭園が移設されている。

初めは「御諸神社」と称した。創建の由緒は不詳であるが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録がある。伝承によるとこの年、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。

この水には、昔、諸国をめぐってきた猿曳が息も絶えだえにここにたどり着いた時、肩に乗っていた猿にこの湧水を飲ませるところたちまち元気になった、という伝承も残っている。徳川家代々の産湯にも使われた霊水。

井戸は明治時代に枯れてしまったが、1982(昭和57)年に復元された。1985年(昭和60)には環境庁の「名水百選」にも選ばれている。

パワースポット 御香宮神社 住所

京都府京都市伏見区御香宮門前町

パワースポット 御香宮神社 種類

神社・神道施設

パワースポット 御香宮神社 ご利益・パワー種類

安産子育て健康・病気治癒

パワースポット 御香宮神社 ブログ・ページ

京都旅行を計画してる方で、超有名処はパス 何て方にオススメのパワースポットです。 この神社は遡る事 平安時代に境内から香り良い湧き水が出 鯉がいますよ もう境内全部がパワースポットで癒されます 境内には、樹齢何百年ってのがザラ

やっぱり京都は私にとってパワースポットです。 元気でた! 住みたい!(笑) 次はまた秋に行きたいなぁ~。 いっぱい幕末パワーもらったので、パワー全開で舞台頑張るぞ~☆ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ] 続・京都旅 昨日 お寺めぐりとご朱印 04月

あるご婦人が隣にいた旦那様に対し「ここはパワースポットなんだから、ガムなんか食べちゃだめ!! ほら、木に触れて直接パワーを貰う 伏見城の鎮守社として筆頭にあげられるのが御香宮神社ですが、あちらの祭神は神功皇后。安産と子育ての神様です。

まずは、雑誌で見た、京都のパワースポットと書かれていた 御香宮神社 に行きました。 ここは、 安産や子育て の神社らしいのですが、 今年も、京都に行くときは、必ず今までに一度も行ったことがない寺社に立ち寄ることを目標としているので

パワースポット 御香宮神社 キーワード

ささ舟 起点辺り 軍 官軍 開かれている 宮の能舞台 移って 描いて 続いており 柔らかな 流す 光り 先斗町 高瀬川 舟 花傘祭 仕舞 伏見九郷 舞妓 一之船入 神事 知られる 落語 風流 風情 願い事 響く 舞台 能舞台 能 豊臣秀吉 見物客 高瀬舟 狂言 夜上演 包み 催し 伝統芸能 伏見祭 伏見城 伏見区 九月二十三日 乗り込んだ 守り神 室町 ろうそく 宮神能 屯所 川面 幽玄の 接待 水運 明かり 楽しんだり 薩摩 駅 陣 鳥羽伏見 通過 酒 藤森神社 飲む 蔵光庵 長建寺 雪 素敵な 金札宮 行く 進む 約9.5 行われていた 行き 紅葉 秋祭り 絵画 酒蔵 見物 鑑賞 神社 話し 行ってきました 花傘 神輿巡行 祭り 秀吉 神幸祭 見た 賃貸専門店 高速 登った 直進 高架下 道 通って 約800m 願う 茅の輪神事