パワースポット 西岸寺(油懸地蔵)

油をかけて祈願すれば願いが叶う

西岸寺は、油懸山地蔵院西岸寺と号する京都市伏見区の浄土宗寺院。天正18年(1590)雲海(うんかい)上人によって創建された。

地蔵堂には、俗に油懸地蔵と呼ばれる石仏の地蔵尊を安置している。寺伝によれば、むかし山崎(乙訓郡)の油商人がこの地蔵尊に油を灌(そそ)いで供養し行商に出たところ、商売が大いに栄えたといわれ、以後、この地蔵尊に油をかけて祈願すれば願いが叶うといわれる。

境内には、「我衣(わがきぬ)にふしみの桃のしづくせよ 芭蕉」と自然石に刻まれた句碑がある。これは、貞享2年(1685)当寺の第3世住職任口(にんく)(宝誉)上人を訪ねた芭蕉が、再会の喜びを当寺の伏見の名物であった桃にことよせて詠じたもので、碑は、文化2年(1805)に建設された。なお、地蔵堂は、明治維新の鳥羽伏見の戦いで類焼したため、昭和53年(1978)に再建された。

パワースポット 西岸寺(油懸地蔵) 住所

京都府京都市伏見区下油掛町898

パワースポット 西岸寺(油懸地蔵) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 西岸寺(油懸地蔵) キーワード

東岡崎駅 地蔵堂 地蔵尊 伏見 任口上人 京都 西岸寺任口上人 鶴英 朱白文連印 本多忠勝 月夜 春星 野ざらし紀行 雫 旅 我きぬ 引っ越してきて 残しておかなかった 油掛地蔵尊 病院 蕪村 芭蕉翁図 芭蕉 群会図 署名 立ち寄って 診てもらっている 貞享元年 通い 社寺 高血圧症 元文 お参り みの 刊行 一回 一度 ふし イメージ お寺 作 ひて 伏見西岸寺任口上人 ブログ 丹後 制作 15年 奥 もる 大竹原 夜半亭俳諧 上記 四週間 印 南側 前書き 落葉風 藤 貴人 春 頂上 題して 桃 歩く 著名な 飯島町 長野県 道 行動範囲 桜 寺院 駅 寺 山号 行ってきました 西岸寺さん 油 玉 法要 焼き 後藤又兵衛 芭蕉句碑 真宗大谷派 宝泉院 築城 開創 次