パワースポット 行願寺(革堂)

幽霊絵馬

行願寺(ぎょうがんじ)は、京都府京都市中京区にある天台宗の寺院。本尊は千手観音。通称、革堂(こうどう)。西国三十三箇所第十九番札所である。

行円が一条小川の一条北辺堂跡に創建したものとされる。行円は仏門に入る前は狩猟を業としていたが、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その腹から子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったという。行円はその鹿の皮を常に身につけていたことから、皮聖、皮聖人などと呼ばれ、革堂という寺の通称はここに由来する。

また行願寺には、幽霊絵馬という絵馬がある。江戸時代の末頃、行願寺の近くにあった質屋に奉公していたお文という子守女は、聞き慣れた御詠歌を子守歌がわりに口ずさみ、子供まで御詠歌を覚えてしまった。熱心な法華信者であった質屋の主人はこれを見とがめ、お文を折檻し、死なせてしまう。あわてた主人はお文の遺体を土蔵に隠し、知らぬふりをしていた。お文の両親が行願寺で通夜を営んでいたところ、彼女の幽霊が現れ、事の次第を語ったので、真相が明らかになり、質屋の主人は捕らえられたというものである。絵馬にはお文の遺愛の手鏡がはめこまれている。

パワースポット 行願寺(革堂) 住所

京都府京都市中京区寺町通竹屋町上る行願寺門前町17

パワースポット 行願寺(革堂) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 行願寺(革堂) ご利益・パワー種類

健康・病気治癒

パワースポット 行願寺(革堂) キーワード

参り 行灯 お文 神霊 第3番 第4番 桓武天皇 多い 解釈 御詠歌 吉備真備 質屋 六座 伊予親王 主人 神社側 答え 法雲寺 近江屋 法寺 読みます 小川 寺 善 革堂行願寺 天台宗 寿老人 長生き 行円 御朱印 妙円寺 横 過ぎ 寺町通り 鹿 夫妻 福禄寿 神様 通り 赤山禅院 第19番 絵馬 始まる 町中 累積 観音寺 西国三十三カ所 境内 第十九番 草津PA 短縮等 最初に 松栄堂さん 感じ 庶民 遅れた 帰着 姿 徒歩 大福寺 通 革堂 札所 寿老神 蹴鞠 呼ばれています 大黒天様 神社 移動 泉涌寺七福神 市バス 食べた 巡り 雰囲気 都七福神 寿老人様 布袋尊様 参拝 注文 家内 毘沙門天様 松ヶ崎大黒天 福禄寿様 恵比寿様 寺町 西国 西国観音霊場 弁財天様 護浄院 皮