パワースポット 称念寺(猫寺)

猫寺

称念寺(しょうねんじ)は、京都市上京区の浄土宗寺院。通称「猫寺(ねこでら)」。

1606年(慶長11)、獄誉上人が浄土宗(総本山知恩院)に属す松平信吉公の帰依をえて創建。三代目住職の頃、松平家と疎遠となり寺は荒廃していたが、ある夜、帰宅した住職が、愛猫が美姫に化身して舞うのを見て怒り、これを追放した。数日後、猫が住職の夢枕に立ち、松平家との復縁を告げたところ、寺は立派に再興した。以後、寺では猫の霊を厚く守護し、本堂前の老松は猫を偲んで植えたもので、猫が伏したさまに似ている。又、動物専用の観音堂がある。

春秋の2回合同供養祭をする。本尊お内仏来迎仏阿弥陀(ないぶつらいこうぶつあみだ)像は平安中期の高僧恵心僧都(えしんそうず)の作といわれる。

パワースポット 称念寺(猫寺) 住所

京都府京都市上京区寺之内通浄福寺西入上る西熊町275

パワースポット 称念寺(猫寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 称念寺(猫寺) ご利益・パワー種類

式典・長寿祝い

パワースポット 称念寺(猫寺) キーワード

お寺 町並 開催 山形市 会場 アップ 新田義貞 今井兵部 秀吉 死去 知行 建立 三瀬入道滅亡後 栃川村 短歌 独立 江戸 歓名寺 移ってきた 数年 鐘 本行寺 東 養老5年 考えられている 穀倉地帯 自転車 陣僧たち 興った 花見 葬られている 葬り 陣僧 葬礼 足利高経 身一つ 鎌倉武士 高校 遺骸 浄土教 有る 新興派 石柵 東国源氏 新興宗派 手厚く 武士団 念坊兄弟 時宗 発展 門徒 雪 集落 醍醐味 知る 西陣 迷わ 道路 称念寺本堂 長屋 着いた 福井 義貞 茶粥 町並み散歩 茶室 茶 見学 記 甍 蘇武橋地域 軒 順 町 織田信長 通 農民 虎 鉄次郎 首 篤次郎 風致地区 自刃 行列 金ヶ崎城 茶席