パワースポット 報恩寺(盛岡市)

五百羅漢

報恩寺は、岩手県盛岡市にある曹洞宗の寺院。山号は「瑞鳩峰山」と号し報恩禅寺と称する。本尊は釈迦如来。境内にある五百羅漢で有名である。大光山聖寿禅寺、大宝山東禅寺、宝珠盛岡山永福寺、雍護山教浄寺とともに盛岡五山(盛岡五個寺とも)の一つとされる。

1362年(貞治元年)南部守行の開基、通山長徹の開山により、1394年(応永元年)に南部守行によって陸奥国三戸郡に創建されたと伝えられる。1601年(慶長六年)南部家二十七代南部利直の時、盛岡に移るに当たりこの寺も現在地に移された。江戸時代には近隣地域の僧録所の任に当たった。   1869年(明治二年)6月23日、盛岡藩家老、楢山佐渡は奥羽越列藩同盟から離脱し新政府側についた久保田藩を攻めた秋田戦争の責を負い、当寺の本堂において切腹形式で刎首された。 1917年(大正六年)9月8日、政友会総裁・原敬を祭主として戊辰戦争殉難者50年祭が開かれた。

パワースポット 報恩寺(盛岡市) 住所

岩手県盛岡市名須川町31-5

パワースポット 報恩寺(盛岡市) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 報恩寺(盛岡市) ブログ・ページ

2日目はパワースポット巡り。報恩寺(五百羅漢)羅漢堂写真OKだったので、羅漢さまを。三ツ石神社(鬼さまを。三ツ石神社(鬼の手形)。岩の大きさにびっくり。鬼が岩に手形を押したというもので、岩手の由来になっています。盛岡裁判所

五百羅漢』ってご存知ですか?仏教で供養尊敬を受けるに相応しい聖人のことで、お釈迦さまの弟子でもある羅漢さんはもとは生身の人間。その像はユーモラスで表情豊か! 岩手県・盛岡の報恩寺の『五百羅漢』はお堂の中にズラリと並ぶ様 

パワースポット 報恩寺(盛岡市) キーワード

面した 吟行 大報恩寺 寺院 小川 岩手県 東 社会 百々橋 石橋 禅 名須川町 千本 ほうおん 久三 堀川 しくみ わかる 創建 よく た はがき 織部司 山頭火 風鈴まつり 分け入って あわ 行われます 頑固 石像寺 紀州東照宮 触れる 駐車場 爺さん 災火 毒花 歩く 神事 行 菩提寺 鬼 紀州徳川家 鐘 筍 順 見学 豆まき 参道 参加 宝積寺 出 境内 場 報恩寺産 和尚さん 呼ばれる 向かいました 古道 寿司 岡口門 林道 本尊釈迦如来坐像 歩いて 歌舞 梵鐘 本堂 議会 見える 釈迦如来像 鎌倉 園内 記憶 通 杣保 報恩寺さん 応仁の乱 俳人 間違い 恵比寿様 寺 陶器市 民主的な 浄土真宗本願寺派 青梅市 野辺地 釈迦堂 選び 第三弾 聞き 盛岡市 行く 盛岡八幡宮 鞍馬寺