パワースポット 琴弾八幡宮

琴弾八幡宮(ことひきはちまんぐう)は、香川県観音寺市の琴弾山の最も高い山頂部にある神社である。旧社格は県社。麓に随心門があり378段の参道があるが、一方通行のドライブウエイがあり車で頂上まで行ける。その麓には神幸殿や数々の摂社や広い広場があり秋祭りのときは町内の太鼓台が集結する。

八幡神として応神天皇・神功皇后・玉依姫命を祀る。神仏習合の時代には当社が四国八十八箇所第68番札所だった。現在は新四国曼荼羅霊場23番。さぬき十五社の14番でもある。

社伝では、大宝3年(703年)3月、琴弾山で修行していた日証上人が八幡大菩薩の乗った船が近くに漂着したのを見つけ、里人とともに船を山頂に運び祀ったのに始まると伝える。そのとき、船の中から琴の音がしていたことから「琴弾」の社名がある。同時に当社の神宮寺として、後に第69番札所観音寺となる神宮寺を建立した。

パワースポット 琴弾八幡宮 住所

香川県観音寺市八幡町1丁目1-1

パワースポット 琴弾八幡宮 種類

神社・神道施設

パワースポット 琴弾八幡宮 ブログ・ページ

討ちをしたっていう話です・・ここで引っ張ります見ると一生お金に困らないと言われている銭形砂絵は次回に【こんぴら参り香川旅行】行ったところ一覧は>>こちら◆◇パワースポット・神社の一覧ページを作りました◇◆◆◇コ

パワースポット 琴弾八幡宮 キーワード

歴史書 記事 ざん 早苗塚 源平屋島合戦 琴弾山 砂絵 神宮寺 第68番神恵院 義経 観音寺 観音寺市 証上人 頼朝 文 戦い 弘法大師 しっぽ 伝えられる 別当寺 同じ 土地 境内 大宝3年 奉納 寄進 屋島 展望所 建立 鳥居 香川県 木 佐渡ヶ 神恵院