パワースポット 福聚院(とうがらし地蔵)

とうがらし地蔵

福聚院大黒天は東京都文京区の浄土宗寺院。

安永3年(1774)開山。三国伝来大黒天。江戸時代から有名で、甲子の日に参れば商売繁盛、金運に恵まれるといわれにぎわった。鎌倉時代の作と伝わる大黒天座像は、古式で簡潔、量感にあふれている。

門を入ったところにあるとうがらし地蔵は、明治の中ごろとうがらしの好きなおばあさんが持病のぜん息に苦しんでいたが、医者からとうがらしを止められていたにもかかわらず食するうちに亡くなった。そこで近所の人があわれんで地藏尊を造りとうがらしを供えた。その後、ぜん息に苦しむ人々が祈願すると治りお礼にとうがらしを供えるようになったと伝わる。

パワースポット 福聚院(とうがらし地蔵) 住所

東京都文京区小石川3-2-23

パワースポット 福聚院(とうがらし地蔵) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 福聚院(とうがらし地蔵) キーワード

武蔵 律院 庭 明石 本堂 小笠原忠政 山 寺院 天 御拝領 御家老職 ◎ 播州龍野 徳島大学 蔵 節従秀吉公 布袋さん 院様 福禄寿 東京ドーム 真珠院 弁財天 源覚寺 毘沙門天 大黒天 地蔵堂 巡り 布袋尊 七福神 芝山仁王尊 観音教寺 不明 立つ 院 石仏 役場 港南区 手 弘明寺 東都六地蔵 2基 福 庚申塔 文京区 寛文10年 梵妻 大黒 大黒様