パワースポット 鶴羽根神社

鶴羽根神社は広島県広島市の神社。

鎌倉初期に創建された椎木八幡宮がその前身と伝えられる。江戸末期に社殿類焼の難に遭い、現在地に再建された。明治元年(1868)、浅野12代藩主長勲の撰名により、鶴羽根八幡宮と改称し、明治5年(1872)に鶴羽根神社と改めた。社殿裏の二葉山(椎木山)のたたずまいが、あたかも羽根を広げた鶴の姿に似ていることで名付けられたといわれている。昭和20年の原爆投下により再建後の装いとなる社殿と共に、古より変わらぬ姿を残す鳥居や灯篭、石畳の太鼓橋などがある。

パワースポット 鶴羽根神社 住所

広島県広島市東区二葉の里2-5-11

パワースポット 鶴羽根神社 種類

神社・神道施設

パワースポット 鶴羽根神社 キーワード

十日市 海岸通 宇品三 宇品二 宇品五 宇品四 寺町 山縣豊太郎 横川一 広大 本通り 皆実六 新 別院前 八丁堀 元宇品口 附属学校前 貴重な 西翠町 証言 広島駅 歩く 社殿 行列 舞台 広島 桜 じんじゃ 素読教室 場所 ○ 30分 広島市 東区 7月13日 広島東照宮 お参り 街区 神社 身体 白馬 ラブ 歩道 幟 次 平原神社 末吉 ハンパ 三社 初詣 提灯 参り 風物