パワースポット 白鳥神社(東かがわ市)

白鳥神社(しろとりじんじゃ)は、香川県東かがわ市に鎮座する神社である。

能褒野(三重県亀山市)で戦死し葬られたのち、白鳥となって飛び去った日本武尊の霊が舞い降りた、という伝説が残る。当地に降りた白鳥は間もなく死んだため、日本武尊の子である武鼓王が廟を建て手厚く葬ったという。白鳥神社はこの時に始まるとされている。

寛文4年(1664年)に高松藩初代藩主・松平頼重が朱印地200石を当社へ寄進して再興、以後は天領となった。明治5年(1872年)に県社に列格される。

境内には「日本一低い山」を謳う標高3.6mの「御山(みやま)」がある。

また白鳥神社の松原は日本の白砂青松100選に選定されている。松原には目通り7.6m、樹高30m、枝張り30mのがあり、白鳥となった日本武尊の霊が舞い降りたとされる。香川の保存木として指定されており、また2001年には環境省のかおり風景100選に選出されている。

パワースポット 白鳥神社(東かがわ市) 住所

香川県東かがわ市松原69

パワースポット 白鳥神社(東かがわ市) 種類

神社・神道施設

パワースポット 白鳥神社(東かがわ市) ブログ・ページ

こんにちは♪♪ Ryomapapa です!! ( ^。^ ) y -. 。o○ 1868 年、戊辰戦争で会津藩の白虎隊が城下の飯盛山で自刃!! 城下の町に火の手が上がったのを会津城が落城したものと思い

パワースポット 白鳥神社(東かがわ市) キーワード

看板 亀山城 古宮城 近隣 石鎚山 素 祭神 稲田姫命 高屋神社 河内史跡探訪 河内 明治 ピーク 大阪府 じんじゃ 命 日本武尊 267m 合祀 美濃地方 踊られる 起源 盆踊り 白鳥拝殿 神 雷電 駅 石徹白 西 阿弥陀ヶ滝 碑 社殿 踊り 足 神野寺 行事 船岡 舞 集会所 道路 香川県 編 祭 終わった 香川 神々 真田家 神社 鶴門 神楽衣装 神楽 空襲 荒川 阿武隈川 鷹族 進みます 進む 露頭 金ケ崎陸軍飛行場 鷹 道 跡 皇子 目的 神輿 籠り 立ち寄りました 蔵王権現 観る 紹介 軽食 近く 高滝神社 第1回 羽曳野市 青少年センター 聖地 行く 竜神 鳥居 続き 行ってきました 近所 花 豊邦 讃岐白鳥 麹屋