パワースポット 雲辺寺

雲辺寺(うんぺんじ)は、徳島県三好市の雲辺寺山山頂にある真言宗御室派の寺院である。巨鼈山(きょごうざん)、千手院(せんじゅいん)と号する。本尊は千手観世音菩薩。別名「四国高野」とも呼ばれる。

四国八十八箇所の第六十六番札所、阿波秘境祖谷渓・大歩危七福神霊場めぐりの毘沙門天。八十八箇所中で最も標高が高い札所である。

寺伝によれば、延暦8年(789年)に佐伯真魚(後の空海・弘法大師)が善通寺建立のための木材を求めて雲辺寺山に登り、この地を霊山と感得し堂宇を建立したことを起源とする。

夏の初めになると、境内の遊歩道一面にアジサイが咲き誇り、訪れた参拝客の目を楽しませる。

パワースポット 雲辺寺 住所

徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2

パワースポット 雲辺寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 雲辺寺 キーワード

感じ 古道 四国 三好市 新居浜 画像3 画像1 徳島県 巡拝ルート図 画像2 2017.05更新 八栗 全3枚 別格 全1枚 ぼく 4月30日 全2枚 続く 続き 経験 紫陽花 階段 砲弾 眺め 県境 登山口 自転車 舗装道路 道 遍路道 遍路 距離 走れ 観的 街中 行った 行ける 落下物 表情 法 押して 山道 所 愛媛県 彼女 左 峠 山 宿 歩いた 行く 訪れた 雲海寺 目的 雲海 辺り 雲辺寺さん 雲の上 民宿岡田 過去帳 寺 難所 桜 改め 高い 朝日 自身 最高峰 景色 新しい 霧 第六十六番 標高 行事 香川県 頂上 香川 通過 遠く 止めて 第66番 札所雲辺寺 札所 歩き 着いた 見る 讃岐 車 高所恐怖症 雲辺寺麓 順番 顔 雲辺寺登山口 麓