パワースポット デルポイ(デルフォイ)

デルポイはギリシア本土、パルナッソス山のふもとにあった古代ギリシアの都市国家(ポリス)である。日本語では「デルフォイ」と呼称されることも多い。「デルフィ」は英語および現代ギリシア語読みに基づく表記である。

現在は遺跡となっており、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。デルポイの遺跡は、アポロン神殿を中心とする神域と、都市遺構からなる。神域に隣接して、有力な各諸都市の財産庫も築かれていた。デルフォイのアポロン神殿の壁には1000を超すメッセージが記されている。奴隷の解放がその主な内容である。内容は条件付きであって部分的自由を得るだけのものであったといわれている。

古代ギリシアにおいてデルポイは世界のへそ(中心)と信じられ、ギリシア最古の神託所であるポイボス・アポロンの神殿の神託で有名であった。デルポイの神託はすでにギリシア神話の中にも登場し、人々の運命を左右する役割を演じる。デルポイの神託が登場する神話には、オイディプス伝説がある。神殿入口には、神託を聞きに来た者に対する3つの格言が刻まれていたとされる。

神がかりになったデルポイの巫女(シビュッラ)によって謎めいた詩の形で告げられるその託宣は、神意として古代ギリシアの人々に尊重され、ポリスの政策決定にも影響を与えた。また時には賄賂を使って、デルポイの神託を左右する一種の情報戦もあったといわれる。デルポイに献納する便のために、ギリシアの各都市はデルポイに財産庫を築いた。これは一種の大使館の役割を果たしたとも考えられる。

パワースポット デルポイ(デルフォイ) 住所

ギリシャ

パワースポット デルポイ(デルフォイ) 種類

神殿・教会・宗教施設(仏教・神道以外)

パワースポット デルポイ(デルフォイ) ブログ・ページ

在します。そう、現在のデルフィの近くにもひとつあります。そういった場所はまぎれもなく、キリスト教による影響も強く受けています。今日あなた方が訪れた数々の修道院は、すべてパワースポットです。パワースポットであることを承知の上

転載させていただきました。 デルフィの巫女 ピュティア ギリシャの首都アテネから北西178キロに位置するコリの人々が魅了され、一度は訪ねててみたいと思うパワースポットです。デルフィに関することでもうひとつ、私にとって

したが、また会おうね!またまたイスタンブールを経由して、ギリシャ(アテネ)に来ました。最近、アタトゥルク国際クロポリスの丘に立つパルテノン神殿が見えますパワースポットも多いギリシャ。滞在中は毎日ワークを行うと思います

4年前の過去記事 地球上に点在する様々なパワースポット! パワースポットには大きく分けて2種類の場所があります。 「私にとって一番パワフルな場所はギリシャです。その中でも、アポロンの神託で有名な古代ギリシャの神殿、デルフィ。そこでは古代から儀式

今月のテーマはパワースポット。その場所に立つと胸に不思議な気持ちが湧き、厳かな空気が流れると感じる場所はいくつかある。 タネ・マフタ(ニュージーランド) 、 アララト山(トルコ) 、 ウユニ塩湖(ボリビア) 、 イシククル湖(キルギス

パワースポット デルポイ(デルフォイ) キーワード

節度 中庸 待つ クレオン おいて 言葉 答え 恐怖 二人 一匹 Livy 嘆き 報告 自身 大地 ヤギ 送った Tarquin 杖 王 未知の 神殿 神事 デルフォイ アポロン神殿 護国神 持った 行事 特権 政治的な 格別の 種 迎撃 選抜 ヘスティア スパルタ ギリシャ ウェスタ巫女 ペルシア帝国 ウェスタ レオニダス ローマ 使者 非戦 アポロン 女性 アポロ ピューティア 神話 ペリ 旅 戦い 女神ポイベー 知れ 筈 階段 爆弾 探そう 己 格言 文字 場所 尊厳 忘れない 誠意 矛盾 基盤 書いてある 株 字幕 本当 神託 滞在 弥 巫女 見て 殺し 子孫 復讐 意見 統計処理 神々 長い 詩 読書 放棄 研究 本物 記憶 情報 聖 預言 妻