パワースポット 大法寺(青木村)

見返りの塔と癒しの羅漢石像

大法寺(だいほうじ)は、長野県小県郡青木村にある天台宗の寺院。山号は一乗山。開基(創立者)は藤原鎌足の子・定恵(じょうえ)と伝える。本尊は釈迦如来。国宝の三重塔があることで知られる。

三重塔は、山腹に点在する伽藍の最も高い地点にある。鎌倉幕府崩壊の年にあたる、正慶2年(1333年)に建立された。「見返りの塔」と通称される。

三重塔入口付近に並ぶ「羅漢石像」が、豊かでなごむ表情をしており、癒しのパワースポットとも言われる。

パワースポット 大法寺(青木村) 住所

長野県小県郡青木村大字当郷2052

パワースポット 大法寺(青木村) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 大法寺(青木村) ブログ・ページ

そこへ行くだけで気力や体力が高まるといわれる「パワースポット」。 科学的な根拠の有無は別として、「パワースポット」と呼ばれる場所を訪れて元気が出 長野県の東部に位置する青木村の「大法寺」は、“見返りの塔”とも呼ばれる国宝の「三重

パワースポット 大法寺(青木村) キーワード

副長 裏 三重塔 創建 紀行 国宝 旅 巡る 7月 唱え 場 木枠 有る 妙 妨げ 待つ 幟 向かいます 水行 きの行僧 たて 長野観光2日 試練 下駄 行う 菩提寺 帰山 状態 雪 当山 水槽 打ち鳴らし 歩行 積もり 鹿教湯温泉 本堂前 素足 お題目 前山氏 団扇太鼓 了山大法寺 与えます 発展 甘酒 珍しい 神社 参道 福禄寿 稲荷 稲荷神社 参加 十番 交差点 蛙 なで 七福神めぐり 櫻田神社 起点 火 港七福神 大黒天 次 桜田神社 坂 寿老人 壽老神 宝船 恵比寿 安養寺 弁財天 武蔵野八幡宮 消した 氷川神社 吉祥寺東町 布袋尊 回った 毘沙門天 武蔵野市 大黒様 山頂 国宝大法寺三重 湯 美しさ 食べた 碌山 秋 紅葉 駐車場 絵 車 道 駅 青木村 靖国神社 瓦窯跡見学 解散 鑓水 観音堂 講演