パワースポット 生品神社(新田義貞挙兵伝説地)

新田義貞挙兵伝説地

生品神社(いくしなじんじゃ)は、群馬県太田市新田市野井町(旧新田郡新田町市野井)にある神社。

平安時代の上野国神名帳に「新田郡従三位生階明神」として記載される古社である。主祭神は大国主であるが、平将門を祀っているという伝説もある。

元弘3年(1333年)5月8日、新田義貞が後醍醐天皇より鎌倉幕府倒幕の綸旨を受けた際に、産土神である生品神社境内で旗揚げをし、鎌倉に攻め込んだと伝えられる。このとき、旗揚げに参集した武将は150騎だったと伝えられている。

境内には社殿の他、新田義貞公像、義貞公旗揚げ塚、神木、記念碑等がある。毎年5月8日には例祭として鏑矢祭が行なわれる。

1934年(昭和9年)3月13日、「生品神社境内(新田義貞挙兵伝説地)」として国の史跡に指定された。

パワースポット 生品神社(新田義貞挙兵伝説地) 住所

群馬県太田市新田市野井町1923

パワースポット 生品神社(新田義貞挙兵伝説地) 種類

神社・神道施設

パワースポット 生品神社(新田義貞挙兵伝説地) ブログ・ページ

勾当内侍を骨で聴く ⇒ 明王院を骨で聴く ⇒ 青山三河稲荷神社を骨で聴く ⇒ 金山城を骨で聴く パワースポットによる健康管理で、医療費削減まで視野にいれることができるかもしれません。

パワースポット 生品神社(新田義貞挙兵伝説地) キーワード

反北条 鏑矢祭 鎌倉幕府 花火 50年 過ぎた 取得 花冷え 送迎 免許証 伝えられる 旗揚げ 受けて 5月8日 所 新田義貞氏 場所 知らなかった あまり 太田市二ッ小屋町 追加 首 大船 群馬県 太田市 小金井 出た 右折 東 汗 無い 焼きそば 父 西方向 看板 行っていない 初詣 神社 鳥山 進めば 太田 墓 あたり 小泉稲荷神社 崋山 工場 店 待つ 道 像 新田 古河街道 順調でした 大通寺 冠 新田義貞挙兵伝説地 鎌倉 境島村 すぐに 伝わる 畑 境内 文字 新田義貞 史跡 刻まれた 遥拝所 塀 石柱 立派な