パワースポット 黄泉比良坂(黄泉平坂)

黄泉比良坂黄泉平坂、よもつひらさか)は、島根県東出雲町にある、黄泉國黄泉国、よみのくに)との境目とされる場所。古代出雲神話で、伊奘諾尊が、先立った最愛の妻である伊奘冉尊を慕って黄泉国を訪ねて行った入口と伝えられている。

石柱が2本、鳥居のように建っており、間には細いしめ縄が結ばれ結界を示している。石柱の先には、石組みの台座の上に石碑が鎮座している。また、裏山の茂みの陰に2つの大きな石が置かれている。

パワースポット 黄泉比良坂(黄泉平坂) 住所

島根県八束郡東出雲町揖屋町

パワースポット 黄泉比良坂(黄泉平坂) 種類

神社・神道施設

パワースポット 黄泉比良坂(黄泉平坂) ブログ・ページ

のが真相のように思えてならないのです。黄泉比良坂所在地:島根県八束郡東出雲町揖屋町2376-3googl坂、行ってきました。これが千引石です。巷ではパワースポット呼ばわりされているのですが後述しますが、意外に新しい作

んとあることにとても感激しました。ちゃんとヤマモモの木があって。これをイザナギが投げたのかな?なんて想像してみたり。島根の地名のもととも言われているそうです。違う意味でパワースポットでした。

パワースポットの特徴として. 1)水や緑が豊か2)山や峰にある3)鉱物が多い4)巨石がある5)断層上に位置する地磁気が強い聖人にゆかりがある伝説がある以上の特徴を、いくつか兼ね備えた場所が多いようです。 島根県. 黄泉比良坂(黄泉 

イザナキが投げつけた桃の実の木 そしてこれが黄泉の国の入口を塞いでいる石ですね~(^^) やはりパワースポット!空気感がいいです。 すぐ側に駐車場が・・・ スマホのナビを使用して行ったら黄泉比良坂のほんとの入口に連れ

その近くに 黄泉比良坂(よもつひらさか)というとても変わったパワースポットがあり、そこに自然 な流れで導かれて行きました。 黄泉比良坂 は古事記でイザナギが黄泉の国に行ったイザナミに会いに行ったが

参拝客も、他のパワースポットとは違い男性ばっかり。とても硬派で ワイルド な場所です。 門の内側へ進むと、イザナギ(夫)が死んだイザナミ(妻)の追撃を食い止めるために用いたという大岩がありました。

最近(馬鹿馬鹿しい表現ではあるが)、ここもパワースポットとも言われているそうな。まぁちょっと違うかな、とも思うが、ある種の清々しさはある場所には違いない。 その後、しめ縄前で後ろを振り返り、深々とご挨拶した。

初めて知ったパワースポット東出雲町の黄泉比良坂(よもつひらさか)は、私も行ってみたい。ここは知る人ぞ知る、黄泉の国への入り口とも言われている密かな観光地なのだそうだ。誰に会いたい…? やっぱり…父かな。。。

さて、今まで長々と引っ張ってきたが、いよいよ今回の「出雲パワースポット巡りの旅」の核となるスポットをご紹介しよう。 本殿左に韓国伊太氏神社、右に三穂津姫神社があり、恵比須神社、客神社、天満宮、稲荷神社、火守神社、弁財天があります。

パワースポット 黄泉比良坂(黄泉平坂) キーワード

比 妻 境 穢れ 生大刀 千引 別れ 紫 美命 宝 宝物 室屋 橘 日向 生弓矢 戸 成した 男大神 岩 小門 百足 言葉 こめ せり ひと 命 阿波岐原 遠く 身 世界 世理比 醜め 負って 投げ 追手 生れ 千秋楽 右眼 死者 その先 図 萬 島根県 国 尊 イザナギ 伊 もつ 男命 髪 ロマンチックで 理 鬼たち 須佐 神 called 刀 入り口 休息 伊邪那岐命 伊邪 三途の川 ヨモツヒラサカ ダンテ ウィキペディア イザナミ ひらさか Izanagi and 弓 投げる 来た 所 松江市 恐ろしい 大国主命 母都志 地獄 軍 逃げ 魔神ダグザ 話 鬼 素 神話創世RPG 霊力 雰囲気 進化 醜女達 記紀 醜女 読み 説 種 神道 紀伊 絶縁 神社 美尊 考える 葡萄 衣 蓬莱山 黄泉 矛盾 親 結界 黄泉国 琴座 見る 運命 飴 進みます 認識 連続性 表す 風土記