パワースポット 常光円満寺

常光円満寺は、大阪府吹田市の真言宗寺院。開基は行基菩。735年(天平7年)行基が民衆救済のために諸国を巡行したおり、「吹田に聖なる香木がある」との夢のお告げがあり、当地に来てみると、そのお告げ通りに一本の香木が浜辺に打ち上げられていた。行基はその香木で聖観音菩薩像を彫刻し、その場所を聖地として堂を建て、聖観音菩薩像を本尊としたと伝わる。このお堂は浜辺に建てられたので、「浜の堂」と呼ばれ、行基菩薩の話を聞くため常に千人を越す人たちが集まり、智慧を授かるために日夜光明が絶えなかったので、誰言う事なく、山号は「慧日山(えにちざん)」となり、「常に光明を放つ寺、常光寺」と呼ばれるようになったと言われる。とりわけ水子供養で知られる。

パワースポット 常光円満寺 住所

大阪府吹田市元町28-13

パワースポット 常光円満寺 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 常光円満寺 ご利益・パワー種類

開運出世・仕事・商売繁盛安全祈願・厄除け

パワースポット 常光円満寺 キーワード

集まった 招いて 教育 日時 水 興味 講演会 豪華 阪急線 常光円満寺集合 大阪府 大学生 吹田市 全国 ゲスト 8月20日 JR線 オープンスペーステクノロジー 除夜の鐘 お寺 祭り 火 ファミリー 42番