パワースポット 東光院(萩の寺)

東光院(とうこういん)は、大阪府豊中市にある曹洞宗の寺院。山号は仏日山。本尊は薬師如来。境内に萩が植えられ「萩の寺」とも称される。新西国三十三箇所第12番札所である。

「萩の寺」と称される所以は、毎年9月に「萩まつり」が催され、全国から見物人が集まるからである。正岡子規も当寺の萩を好んで句碑を残した。

天平年間(729年~749年)行基によって創建されたと伝えられ、1681年(天和元年)曹洞宗に改められたという。本堂は行基が建立したと伝えられ、本尊の十一面観音立像が安置されている。この仏像は1985年(昭和60年)の修理で布で包まれた上に金箔で覆われている、全国的にも珍しい仏像だと分かっている。

その他にも本堂には平安時代に作られた、国の重要文化財に指定されている木造釈迦如来坐像がある。

パワースポット 東光院(萩の寺) 住所

大阪府豊中市南桜塚1丁目12-7

パワースポット 東光院(萩の寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 東光院(萩の寺) ご利益・パワー種類

開運子育て出世・仕事・商売繁盛
健康・病気治癒安全祈願・厄除け

パワースポット 東光院(萩の寺) キーワード

気持ち 看板 隣 地区 千城台駅前 歩 歩きます 寺院 緑 出席 案内 駐車場 自動車 お迎え 落慶式 北側 東光院前 本校 荒川 江戸袋貝塚 東光塾 リツイート 白井 お気に入り 中村小学校 from 分校 合流 入間川 シャクナゲ アセビ お墓 行われている 真言宗 ふむ 白梅 gooBlog返信 こういん はぎ スズメ とう 冬 真ん丸 最寄り駅 猿島 神社 福禄寿 東三十三ヶ所 毘沙門天 電車移動 弁財天 発見 見頃 露 花 行った 行ってきた 草 遅かった 綾部市 紫陽花寺 水路 椿山荘 訪れ 持って 弘法大師 徳 裏 車椅子車椅子 豊中 歩き 揺れ 死体 届く 廃寺 父 灯篭 常楽寺 秋 庭 糸瓜 準備 絵 海 行基 雨 近く 成貞 秀長 粟飯原 系統 没した 花火 花火大会 萩 景色 石堂寺