パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音)

高崎白衣大観音(たかさきびゃくえだいかんのん)は、群馬県高崎市の高崎観音山丘陵にある大観音(白衣観音)像である。同市のシンボルとなっており、高野山真言宗慈眼院の境内にある。通称「高崎観音(たかさきかんのん)」。

1936(昭和11)年、実業家井上保三郎によって建立された鉄筋コンクリート製の大観音で、高さ41.8m、重さは5,985t。原型製作は伊勢崎市出身の彫刻家森村酉三。その原型を自転車で運んだのが元首相の田中角栄だったという逸話もある。

観音山の山頂、標高190mの地点にあり、建立当時は世界最大の観音像であった。

内部は9層に分かれていて、20体の仏像が安置されている。最上階(観音像の肩部分)からは高崎市街地はもとより、群馬県の主要な山々から八ヶ岳等まで一望できる。

8月第4土曜日には「高崎観音山ろうそく祭り 万灯会(たかさきかんのんやまろうそくまつり まんどうえ)」が行われる。土用護摩を焚き、円光くぐりの後、参道からひびき橋のたもとまで1万本のろうそくや灯籠を並べ、先祖供養、家内安全、商売繁盛、諸願成就などを祈願する。

パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音) 住所

群馬県高崎市石原町2710-1

パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音) ご利益・パワー種類

安全祈願・厄除け

パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音) ブログ・ページ

仏教系の方々(?)の像が勢揃いしているパワースポットです♪ そこで、いろんな方に、話しかけられました(笑) 釈迦如来からは、 「そのまま行きなさい。何があっても受け止めて、まっすぐに。但し、黄色には気をつけなさい。意味は今にわかる。

石原町の慈眼院(橋爪良真住職)でバレンタインデーの14日からホワイトデーの来月14日まで開かれている。婚活イベントやパワースポット巡りの人気を背景に、NPO法人高崎ネットワーク(清水一也理事長)が地域活性化事業として企画。

パワースポット 慈眼院(高崎白衣大観音) キーワード

長谷寺 像 伊丹廃寺跡 寺 経て 明らか 日本 後世 庵 山門 大阪 最西端 末寺 横手 遺命 記述 観音山慈眼院発祥 菩提 福岡市 発 由縁 由来 慈眼院建立 堺市 中央区 元和二年 刀鍛冶 一面 5月 五重塔 たる 佐和山落城記 呼ばれ 五月 高崎 鎌倉 衰退 相州極楽寺入道重 決まりました 統合廃寺 石原町 移転 継続版 隆盛 高野山金剛峯寺 すすむ 誇っておりました ひとつ ダルマ ブログ 群馬県 高野山 三男 中年おじさん 初観音 廃仏毀釈 大観音建立後 史跡 存在 別格本山 創建 寺院 参道近辺 所 散策 塔頭寺院 横須賀佐原 執権北条義 伝えられます 昭和16 学 明治 昭和 高崎白衣 観音山 結城家 高崎市 開催 長浜 駐車場 長保寺 金剛三昧院 駐車料金 第7回 鎮守 紹介 雨 立ち 福 首里観音堂 首里 行く 観光見所 観音堂 茨城県 訪れた 院 長野県 観音像