パワースポット 合元寺(赤壁寺)

合元寺赤壁寺)は、大分県中津市の寺院。1587年、黒田孝高によって建立された。深紅に塗られた壁は城下町・中津の中でもひときわ強烈な印象を与え、別名・赤壁寺とよばれる。

豊臣秀吉の時代、豊前の実力者だった宇都宮鎮房が騙し討ちに遇い、この寺を宿舎にしていた家臣たちも全員討ち死にした。その時の血潮を浴びた門前の白壁は何度塗り替えても血痕が浮き出るため、ついに赤壁に塗り替えたという。

柱には当時の刀傷も残り、家臣たちの無念と悲しみが壁の血痕を何度も浮き出させたと伝えられている。

パワースポット 合元寺(赤壁寺) 住所

大分県中津市寺町973

パワースポット 合元寺(赤壁寺) 種類

寺院・仏閣・地蔵尊・観音

パワースポット 合元寺(赤壁寺) ブログ・ページ

そうだ 今日の目的地は大分県の 国東半島にある金運UPのパワースポットへ行くつもりだよ なので赤壁から出たカワセミ号は 宇佐の海沿いを それでは最初の看板に書いていた通り パワースポット巡りで開運ロードと言うことで 順路に従って次のスポットへ

パワースポット 合元寺(赤壁寺) キーワード

渋滞 残っています 如水公 外観 姫路 何度 境内 特徴的な 嫁さん 見られる 散歩 天正15年 有ります 寺 芳賀氏 暮らす 降りて 惨殺 建立 城井神社 宇都宮 国 宇都宮氏 壁 翁寺 碓井琴平文化館 訪れた 墓所 所 地 長政 崇福寺 家来 唐門 黒田官兵衛ゆかり 従 福岡市 大河ドラマ 文化財 家来たち 揚げ 長高様 白壁 赤い 町 官兵衛公 大分県 黒田 来られました 歩いて 福岡 歴史資料館 石垣 黒田父子 豊前 札所 血 赤色 通称 色 記念館 案内 謀殺 黒田氏 記事 諭吉 赤く 赤壁寺 血痕 河童 行きました 自性寺 行きたい 福沢諭吉 有名な 赤壁 扇城神社 黒田官兵衛 播州 房 過去